それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

FINAL CUT1話を見た話

さて、新ドラマも続々とスタートしていますね。

ちなみに私は、FINAL CUTともみ消して冬(あと余裕があれば、アンナチュラルも)を見る予定にしています。

ようやく今日録画していたFINAL CUTの1話が見れたので、簡単に感想を。

 

【良かったところ】

・とにかく亀梨君がカッコいい

このドラマの魅力の8割は、亀梨君にあるといっても過言ないほど、亀梨君がカッコいい。

お母さんを失って、憎しみに満ちた表情を浮かべたり、

影からターゲットを見つめてニヒルに笑ったり、

ターゲットを前に軽やかなステップを決めたり。

画面の端々から、亀ちゃんの魅力に惹きこまれます。

これファンじゃない人間でも、亀ちゃんに惚れるでしょう。

 

・高木君が可愛い&高木君の色んなコスプレが見られる

初っぱなの亀ちゃんとの絡み、可愛かったですよねー。

幼なじみっていいなぁ~と思いました。

(距離が近すぎて一瞬どきっとしましたが……)

 

それはさておき、亀梨君の友人である高木君は、物語中色んなところに潜入する訳ですが、ウェイターさんだったり、デリバリー屋さんだったりで、第一回から何度もおいしいシーンが見られます。

個人的には、眼鏡かけた高木君超好みでして。

普段はアホの子っぽい(※良い意味で)なのに、がらりと印象が変わって見えません??

 

(余談ですが、主人公の仲間ポジションが、どうもそし誰の日下さんを彷彿とさせまして、「これ犯人高木君じゃないよね?」と疑ったのはここだけの話←実際にメンバーからも「犯人お前じゃないの?」的なメールをもらったそうですね) 

 

・音楽が菅野祐悟さん

テレビ見ながら、ずーっと「この音楽カッコいいな、菅野さんみたいだなー」と聞き入っていたら、まさかのご本人だったという……。

全く知らずに見てたので、自分の音感にビックリしました。

(知らない人の為に解説すると、SPや軍師官兵衛とか、前クールなら刑事ゆがみとか、JUMPファンならカインとアベルとか、とにかく超有名な曲をたくさん輩出しているお方なのです)

そして例に違えず、BGMが名曲だらけで、ぐっと物語の世界観に吸い込まれました。

 やっぱりBGMのセンスが良いって、ドラマ作りには大事なことですよね。

 

※ここから辛口注意※

【微妙だったところ】

・不要なシーンが多くて、テンポが良くない

やりたいことはわかるんですが、そのシーン要る?っていうところが多々あった気がします。

例えば、私的に不要だったのは、急に藤木直人さんが歌うところ。

その前後のシーンからして物語的には要る??って感じで……白けちゃったといいますか。

(というか、常に藤木さん情緒不安定すぎて、怖かったです……)

 

あとあの姉妹のシーンが蛇足すぎまして。

全体的に重たい話なのに、あの姉妹が出てくると、急に画面がポップになるので、

ストーリーの雰囲気にちぐはぐ感が出てくるといいますか。

真相への鍵を握るキャラクターとして出したかったんでしょうが、

もう少し描き方がなかったかなーと惜しい気分です。

 

物語として、「復讐劇」という一本のメインストーリーがあるのに、

色んなところで寄り道をするので、いまいち感情移入しづらい構成だなと思いました。

 

・復讐劇なのに、スカッとしない

上よりも、さらに気になったのはこれ。

復讐劇の醍醐味って、やっぱり人間的に嫌な奴を成敗した瞬間だと思うんです。

このドラマでも、今回散々ディレクターを嫌な奴として描いておいて、彼をこてんぱんにやっつける展開がくるかと思ってたら、破滅させずに見逃すんかーいっていうね……。

展開が温すぎて、カタルシスが全くなかったです。 

(↑ちなみに、FINAL CUTの前に必殺仕事人見てたんですが、

よっぽど仕事人の方がストーリー面白かったですし、伏線の張り方が上手いなーと思いました)

 

とまあ、ストーリー的には気になるところも多いですが、

まだ一話なので、これからきっと面白くなっていくはず…!と信じています。

(大体ドラマの一話目って、登場人物紹介ばかりで、微妙な回が多いからね)

次回もカッコいい亀梨君と可愛い高木君の二人が、たくさん見られますように。