それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

もみ消して冬2話の山田君も不憫可愛かった話

やっぱり今期一番好きなドラマです!

圭人君がけとぺで言ってましたが、明るい演技の山ちゃんが大好きです!!

ってことで、もみ冬2話を見ましたー。


今回はお兄ちゃんが院長の飼い犬(恩犬)を逃がしてしまい、72時間以内に見つけなければお兄ちゃんがクビという危機に。

いなくなった犬の代わりに、急いでジョンに似た別の犬を探し、手懐けていく話でした。こうして文章で書いているだけでも、
相変わらずツッコミどころが多い設定です。

 

また、山ちゃん演じる秀作ですが、相変わらず不憫で可愛いシーンが多い。
あの超絶キレイな顔から繰り広げられる変顔シリーズが面白くてたまりません。
 
そんな訳で、今日は個人的に好きだったシーンをいくつかピックアップしたいと思います。

 

・お兄ちゃんが、院長の犬を逃がしてしまった話を聞いている時の変顔シリーズ

f:id:kinatsu_aomori:20180125095059p:plain

警察の権力を使って何とかしろとか、警察犬で探せばいいとか、大分色んな無茶ぶりをされる訳ですが、その度に秀作の表情がころころ変わって楽しいですね。

特に好きなのが、上の写真の表情。お兄ちゃんが、「暗闇の中で「ジョンを見つけた」と思ったらタイヤだった」と聞いた時の半目。普段の超絶キレイな山田君の顔が、見る影もありません(笑)。

でも、この変顔の一つ一つが愛おしいんだな。

 

あとそっくりな犬を見つけるというぶっとび展開になって、背筋を丸めて縮こまっている秀作君も可愛いですね。

前回も書きましたが、ハムスターみたいな小動物的可愛さと、守ってあげたくなるような庇護欲にかられます。たまらん。

 

・執事にワンちゃん用の水と勘違いされて、コップではなく、平たいお皿でお水を飲むところ

f:id:kinatsu_aomori:20180125095125p:plain

執事の楠木君の前で、犬を抱えながら、水を飲む秀作君という図…めっちゃシュールですよね。

この二人の関係性がすごく好きで。

家族のヒエラルキーで一番下な秀作君が、楠木君相手には強く出てくるのが良いですね。ジョン(代わりの方)をしつける時も、僕がやるよ!と積極的に出てくるのに、ジョンに押し倒されたり、振り回されたりするところが不憫可愛いです。

あと秀作君の可愛さに萌えてたら、ふとした瞬間に楠木君のわんこ感にやられるので、目が離せません。

 

・お姉ちゃん相手に目をうるうるさせちゃうところ

f:id:kinatsu_aomori:20180125095153p:plain

基本的に秀作君は常識人なので、家族の発言にいちいちツッコミを入れるのですが、やがてしびれを切らしたお姉ちゃんに「もうアンタはいいや」と切り捨てられます。
その瞬間、「え?え?」と焦って様子を伺うところが可愛い。

 

多分、秀作君は家族の愛に飢えているといいますか、甘えたいと思っている節があると思うんです(家出を止めてくれなかったエピソードにしてもそう)。

だから、お姉ちゃんが楠木君を「松也」と下の名前で呼んだだけで、写真のように、
「今週まだ一度も秀作と呼んでくれてないのに、もうあいつのことを松也と呼ぶんですか!」

と目をうるうるさせちゃう。

捨てられた子犬みたいで、ちょっと切ないです。

でも、そんなうるうるな表情も好きですね。

 

・だんだんジョンと仲良くなっていくところ

f:id:kinatsu_aomori:20180125095010p:plain

ジョンのしつけを通して、徐々に仲良くなっていく訳ですが、
ジョンを抱き締めてからのこの笑顔、幸せそうすぎて胸きゅんしませんか??

この瞬間、ジョンになりたいと思った山田担は多いはず。(山田担じゃない私でも、ジョンになりたいと思ってしまったので)

ドラマだけじゃなくて、山田君がくしゃっと笑った時の笑顔が、本当に大好きなんですよね。

すごく胸があったかい気持ちになります。

 

・ジョンを置き去りにした瞬間、ジョンへの情が溢れ出して、家に再び侵入するところf:id:kinatsu_aomori:20180125235038p:plain

ここすごく胸を打たれるシーンでした。

大事なものって、手放して初めて気づくって、よくあることですよね。

まるでジョンを本物の家族のように想って、ジョンの為に必死に頑張る秀作君は、いつものおどおどした姿と違って、非常にカッコいいです。

ただ、正直お兄ちゃんの問題どうなるんだろう……と思ってましたら、まさかのジョンと逃げた瞬間に本物のジョンが帰還!

思わず「ジョーーーーン!!!!」って叫んでしまいました。
いやはや、展開的には相変わらずトンデモなのですが、何はともあれ一件落着したようでひと安心ですね。


・寝顔が美しすぎるところ

f:id:kinatsu_aomori:20180125095459p:plain

ジョンを連れ帰って、家の前で寝てしまうんですが、その時の山田君の寝顔、美しすぎませんか??

テレビの前で「天使の寝顔だ……」と呟いてました。

 

また、そんな秀作を窓から黙って見つめる家族たち。

その表情がまた何とも言えないほど優しいんですよね。
秀作はなかなか自分からジョンを飼いたいと言い出せずにいましたが、
家族がその気持ちを組んでくれて、「犬小屋作ってあげないとね」と自然と提案してくれるシーンはすごくほっこりしました。
秀作君、良かったねぇ!!!
「優しさにはいろんな形がある」
「見てないようで、ちゃんと家族は見ててくれてる」
――このドラマならではの名言ですね。

何だかんだ家族の問題が起こりながらも、ラストはハッピーエンドに落ち着いてくれるので、安心して見られるドラマだと思います。

 

で、次回予告。
プラトン(ハムスター)が消えた!?さらに、小岩井さん(執事)が自殺!?
という訳で、展開がまたまた気になります。
正直順番的に父→兄ときたので、次は姉のターンかと思ってましたら、ここで執事のターンになるんですね。
予想を裏切る展開で、次回もまた楽しみです。

土曜日の夜はテレビの前で待機!ですね。