それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

もしJUMPが暗殺集団だったら、似合う凶器を考えてみた

※タイトルから完全にニッチなテーマ&私の趣味丸出しでゴメンなさい。

この先、私の妄想に付き合ってくれる心の広い方のみどうぞ。

 

突然ですが、JUMP君達が暗殺集団だったら、めちゃくちゃ似合うと思いませんか??

(いや、一時期殺せんせーションズというポップでハッピーな暗殺集団をやっていましたが、そういう可愛いのじゃなくて、グラスホッパーの蝉さんみたいなガチなヤツ←蝉さんは本当に好きすぎて、未だに何度も蝉さんのシーンばかりリピートしてしまいます)

美しすぎるイケメン9人が自分の感情を殺し、冷酷な目でターゲットを仕留める……とか、考えているだけでも気持ちが滾りませんか??

(個人的な好みの問題ですが、私はピーチガールのようなふわふわ甘ったるい少女漫画よりも、グラスホッパーのような流血どろどろ重たい設定の方が好きなのです。いいよね、イケメンと暗殺(はぁと))

 

そんな訳で、今日はもしJUMPちゃんがパラレルワールドか何かで暗殺者になったとしたら、どんな凶器や武器が似合うかを妄想してみました。

(↑清く美しいJUMPファンには、石を投げられそうなテーマですみません) 

f:id:kinatsu_aomori:20180421134850j:plain

※写真は殺せんせーションズですが、この記事の内容はオタクの妄想100%で出来ています。

  

◼️山田涼介=ナイフ

いきなり映画(蝉さん)の影響ですが、山ちゃんとナイフの組み合わせって抜群じゃありませんか??

蝉さんの山ちゃん、とにかくカッコよかった。

無表情でかつ素早い動きで、人を切りつけていく姿も美しかったですし、

何より美形が血を顔に浴びて、ふっと微笑む姿が大好きでして。

イケメン×流血のコラボレーションって、何かこう、滾るものがありませんか??

(わくわく)

f:id:kinatsu_aomori:20180421132454j:plain

↑グロ画像で申し訳ありませんが、蝉さん大好き。血みどろなのにニヤッと笑うところとか本当好き。

 

なので、山ちゃんは、絶対に接近戦で相手を仕留めてほしいタイプ。

暗殺者って他にも毒など色んな凶器がありますが、そういう回りくどい手段は嫌いそう。真っ直ぐにターゲットとぶつかって、ナイフで相手の肉をえぐる感触に、快感を覚えて、にやりと笑ってほしいです。

 

あとこれは余談ですが、山ちゃんは若き殺し屋として有名になっていて、

周囲から憧れられる存在であってほしいなーと。 

暗殺者を扱っているような映画やマンガで、よく「伝説の殺し屋」というポジションがあるじゃないですか。

やっぱりJUMPのエースである山ちゃんには、暗殺者の世界でもそういう絶対的な位置にいてほしいなーと思います。

 

◼️中島裕翔=斧

山ちゃんと同じく、裕翔君には刃物の凶器を扱ってほしい(要するに大量の血を浴びてほしい)という理由で、斧をチョイス。

裕翔君は長身ですし、斧のような大きめの凶器が似合うかと。

あと裕翔君は合理主義な一面があると思っているので、じわじわと相手を追い詰めることを面倒くさがり、一撃でターゲットを消してほしいと思うんです。f:id:kinatsu_aomori:20180421134142j:plain

↑こういう冷たい目でターゲットを見下ろしてほしい。

 

それから、裕翔君は伝説の殺し屋山ちゃんの永遠のライバルであってほしい。

同業者で、お互いに同じターゲットを狙って、毎回どちらが先に殺せるか競ってたり。

何せ二人とも負けず嫌いな面があると思うので、すっごくバチバチしていそう。

でもピンチになると、視線をかわすだけで、お互いのサポートに入り、「俺の背中を預けられるのはお前だけだ」的な熱い展開が見たいです!!

んで、対決が終わった後に拳をぶつけあって、違う方向へ去っていってほしい。

(↑あれ、暗殺者というより青春ドラマになってきた気が……??)

とにかくゆとやまコンビには、ライバルポジションを貫いてほしいと思うのです。

 

◼️知念侑李=弓

知念君も山ちゃん・裕翔君と同様に運動神経は抜群ですが、パワータイプではなく、どちらかというと俊敏さに特化したタイプと思っているんですね。

(だからプライベートでやっているゲームの世界で、山ちゃんが果敢に攻める剣士キャラ、知念君が離れたところから魔法を使って支援するキャラを使っている話を聞いて、すごく納得しました。確かに、知念君は近距離の武器よりは、遠距離タイプの戦い方が向いてそう)

 

では、遠距離の暗殺法の中で、何故弓かといいますと、

個人的に知念君が弓を引く姿が超カッコよくて大好きというのが大きいんですよね。

映画「超高速!参勤交代」や「忍びの国」で腕前を披露していましたが、

知念君、失礼ながら体格は華奢で小さいのに、矢を放つ時の所作が、無駄がなくて美しい。

うっかりあの弓に射止められたいと思ってしまいます。(弓を引くちぃちゃん、またどこかで見られないかなぁ~)

f:id:kinatsu_aomori:20180421132709j:plain

↑本当にカッコよすぎて好き。

 

なので、山ちゃんや裕翔君が接近戦でないと殺せないキャラ(ヤクザとか)を相手にするのに対して、知念君は大統領とか王様とかSPでガチガチに固められているターゲットを、遠くから一撃で仕留めて、涼しい顔で立ち去ってほしいなぁ~と思います。

(美形と流血は似合うと思いながらも、例外として知念様には血に汚れてほしくないという過保護な心境もあります)

 

 ◼️岡本圭人=毒

こんなニッチなテーマの記事を書きながら、実はあんまり暗殺者の姿が想像できなかった1人目。

圭人君ってとにかく優しい人たから、直接対面してでの暗殺って出来なさそうじゃないですか??

(殺す前に躊躇して、逆に返り討ちにあってしまいそう)

なので、ナイフとか銃とか、直接的な武器は向いていないと思うんです。

 

では、代わりに何が向いているかと考えたら、一番は毒薬かなと。

直接血を浴びる訳でもないですし、殺し方も一番手順が簡単かなと。

それでも、優しすぎる圭人君は、毒を混入するにも数時間かかってしまうんですよ。

それで、しびれを切らした山ちゃん辺りに、「早くしろよ」と怒られているところもいい。

んで、自分のせいで動かなくなったターゲットを見て、「本当にごめんね……」と一人涙を流すんです。

ああ、優しすぎる暗殺者っていうのもいいですね。

自分の宿命に葛藤しながら、手が震えながら、それでも罪を犯してしまう圭人君も好みです。

f:id:kinatsu_aomori:20180421132751j:plain

↑時折見せる圭人君の色気が良いですよね。少し憂いを帯びた視線でターゲットの死体を見下ろしてほしい。

 

◼️有岡大貴=手裏剣

続いて、全く暗殺者としての姿が想像できなかった人二人目。

圭人君と違って、大ちゃんの場合は元気で、わんぱく坊主すぎて想像できなかったんですよね。

小学生に殺しはさせられない!みたいな。

(※大ちゃんはもう27歳です)

 

なので、どんな暗殺者にしようか悩みましたが、大ちゃんは人を殺すのに何の抵抗も感じていないような暗殺者だったらイケるかと。

それこそゲーム感覚で楽しみつつ、躊躇いもなく人を殺してしまうような、ちょっと頭の狂った感じのキャラが良いなあ。

(例えるなら、SPECの神木君キャラみたいな。無邪気な笑顔で、常軌を逸していてほしい)。

 

なので、武器は正直何でも良かったので、殺せんせーしょんずの設定をお借りして手裏剣で。

ボールでも投げるような感覚で、手裏剣で逃げまとうターゲットを少しずつじわじわと追い詰め、万が一外れてしまった時にはつまらなさそうに「あーあ、外れちゃったなあ。残念」とか呟いてほしい。

大ちゃんがたまに見せるオス岡君みたいな顔で、悪気も無い感じで任務を遂行してほしいなと思うのです。

f:id:kinatsu_aomori:20180421133353j:plain

↑大ちゃんって普段小学生なのに、時々冷たい目やらこういう色気を漂わせてくるあたり、ギャップがたまらないですよね。

 

◼️伊野尾慧=爆薬

いのちゃんも、あんまり直接的に殺しを行うようなイメージがないんですね……。

近距離・遠距離含め。

(↑失礼ながら、現場に出るような戦い方だと、体力なくてすぐ相手にやられそう)で

も、いのちゃんはJUMP一の頭脳派なので、自分の手を汚さず、賢くターゲットを殺してそう……

と考えていたら、出てきた凶器は爆薬でした。

(※暗殺にしては急に規模が大きくなった……というツッコミはこの際置いておきましょう)

 

意外と爆薬って威力は大きいですが、結果に至るまでの火薬の調合とか調節とか、ややこしそうじゃないですか。

でも、いのちゃんなら賢いので、細かい薬の量の計算とか上手くできてそう。

マンションの室内ならこれぐらいと、ギリギリ事故で片付けられそうなレベルで上手くターゲットを確実に仕留めてくれそうなイメージです。

体を使って殺すタイプではなくて、頭を使って殺すタイプですね。

f:id:kinatsu_aomori:20180421133258p:plain

↑写真は日下さん。こういう目が笑っていない悪い役のいのちゃんをもっと見たいんですよね……。

 

◼️高木雄也=ロープ

さてさて、高木君ですが、先に謝っておきます。

何度暗殺者のケースを考えても、お色気作戦な高木君の姿しか出てきませんでした。

ごめんなさい。

でも、「高木君のセクシーさ×暗殺×女」の方程式ってめちゃくちゃ威力ハンパないと思いませんか??

 

まず高木君って他のメンバーと違い、女性だけをターゲットにしてそう。

んで、ターゲットの女性がバーで一人で飲んでいるところに、気さくに声をかけてきて、すぐお持ち帰りしてそうじゃないですか。(※あくまで偏見です)

んで、ホテルで一晩甘い時間を過ごしていると、その優しい笑顔を崩さないまま、狂気に走る訳です。

ただ凶器を薬にすると、圭人君と被ってしまうので、ここはあえてのロープを使っての絞殺で。

完全にターゲットが油断を見せるところまで、ひたすら堪えに堪えて、一気に殺ってほしい。

ターゲットに対しても、甘い夢を見させたまま、天国に送ってあげるところが高木君の暗殺者っぽい感じがします。

f:id:kinatsu_aomori:20180421132921j:plain

↑こんな冷たい瞳の暗殺者雄也君も良い。

 

◼️八乙女光=拳銃

これもドラマの影響なんですが、光君が銃口を他人に向ける姿って、カッコよくないですか??

あと昔のスクール革命ですが、サバゲーやってる光君もカッコよくて好きでした。

普段ニコニコしている光君の印象が強いので、そのギャップというか、偶に覗かせるダークな一面がたまりません。

f:id:kinatsu_aomori:20180421133906j:plain

オルトロスの光君、超カッコいい。拳銃向けて冷ややかに笑う光君の表情が本当に好きでした。

 

光君は最初から暗殺者として有能だった訳ではなく、最初はむしろポンコツというか、銃の扱いに全然慣れておらず、狙った方向と真逆に撃ってしまうことも多かったと思うんですね。

 (またまた余談ですが、初めて銃を扱う時にあまりに下手すぎて、7ちゃんにいじられててほしいなーと)

ただ、同じく銃を扱う薮君に指導を受けて、一生懸命練習した成果、凄腕の狙撃手として成長した……という逸話がありそうかな。

光君って不器用なタイプだと思いますが、誰より一番練習に力を入れてくるじゃないですか。なので、その努力をここでも生かしてほしいなと。

んで、実践になると、躊躇いなくバンバン撃ちまくって、ターゲットを確実に仕留めていってほしいなと思います。

 

◼️薮宏太=ライフル銃

やぶひか合わせて、二人とも銃にしたいというのはすぐ決まったんです。

この二人は、近距離で威力を発揮する凶器より、銃のように遠距離からターゲットを仕留める凶器の方が似合いそう。

んで、光君は小回りのきく拳銃に対して、薮君は威力が大きいライフル銃を上手く扱ってほしい。

何せ薮君って帝王感がすごいじゃないですか。なので、凶器に関しても最強のモノで行ってほしいなと思う訳です。

 

山ちゃんや裕翔君が直接的に相手を仕留めに行くのに対して、やぶひかはメンバーのサポート役的な位置ですね。

この二人、後方支援めちゃくちゃ得意そうじゃないですか。

あと、ゆとやま同様、お互いに背を預けて戦って欲しいという欲もあって、このポジションに決めました。

f:id:kinatsu_aomori:20180421134232j:plain

↑この写真帝王っぽくて良いですよね。いつもニコニコしている薮君とのギャップがたまらないです。

 

以上! 勝手に「暗殺JUMP」の妄想をお届けしました!

最後に読み返すと、完全に自己満の記事な上、だんだん暗殺からただのバトルJUMPになっていった気がしないでもないですが、せっかく書いたのでアップしちゃいます。

 

そして改めてJUMPの皆さんとJUMPに夢見るステキ女子の皆さん、すみませんでした!!!

(ただ、個人的には楽しかったです)

やはり暗殺者とか悪役って女子のロマンだと思うので(苦笑)、今後もいつか蝉さんみたいなダークな役が、またJUMPメンバーに来てくれることを期待しています!!