それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

もしもJUMPメンバーで「オペラ座の怪人」を演じるなら?

さて、毎度のことながらJUMPちゃんの妄想設定楽しいねー!ということで、今回のテーマは「オペラ座の怪人」!

というのも、私は前々からジャニーズの他に「オペラ座の怪人」が大好きでして。

前々からこのブログで触れてきましたが、狂った役とか殺人者とか、ダークな物語が個人的に好みなんです。

(ちなみに、GWにも最前列で劇団四季の「オペラ座の怪人」を観劇してきました。役者陣全員最高だった!)

 

と、感想はさておき、今回は「もしもJUMPメンバー全員で、オペラ座の怪人を演じるなら??」をテーマに、配役を妄想してみました。

(※はじめに

いつもながら完全な自己満足な上、妄想だらけの記事となっております。あと配役の関係上、モブ的な役にしてしまったメンバーもいますが(すみません)、それでも良いという方がいましたら、どうぞお付き合いください)

f:id:kinatsu_aomori:20180507005711p:plain

(↑ちなみに、今回のイメージ写真は「Masquarade」PVメイキングから、「仮面」繋がりの写真をご紹介。やっぱり9人とも顔が美しすぎるので、仮面も似合いますね)

 

山田ファントム

→ファントムの役は、「物語の主役+歌が上手+愛情が激重い」の三拍子。

オペラ座の怪人」の顔というべき主役を誰に演じてほしいか考えたんですが、一番は絶対山田君ですね!(次点で裕翔君とも迷いました)

 

まずファントムといえば、主役のオーラがハンパない。

暗闇の中からファントムの雰囲気を感じるだけで鳥肌立ちますし、舞台に登場した瞬間、目が惹きつけられて離せません。

それだけの絶対的オーラを醸し出せるのはやっぱり山田君しかいないと。

JUMPの絶対的エースは、舞台でもやっぱり主役を演じてほしいですしね。

 

あと私、山田君の狂気的な役が好きなんですよ!

絶鬼とか蝉とか、あんなに美しい顔の山田君が、冷たい瞳をして人を殺しにくるとか、もうたまらないじゃないですか!

「美の暴力」って、まさに山田君の為の言葉だと思うんです(←何言ってんだ)

だからこそファントムの激重いシーンの数々を、病んでる瞳で演じてほしい。

「君は~私のもの~♪」の部分を、ねっとり歌ってほしい。

(妄想して)……うん、山田君のヤンデレってたまらないですよね!!!!

 

それから、これは単純に個人の興味なのですが、怪人の仮面をつけた山田涼介が見たいんですー。

DEARコンみたいなオシャレマスクじゃなくて、ガチなやつ。

山田君ってそもそも美しすぎる顔だと思うので、仮面をつけることでそれとなく儚さを演出してほしい。

あぁ、やはり想像するだけで興奮が止まりませんね!!!(変態でごめんなさい)

 

知念クリスティーヌ

→ヒロインのクリスティーヌは絶対知念ちゃん!

だって、JUMPの姫ですもん。ヒロイン枠にピッタリ。

女装してヒロインを演じてほしい!!JUMPの中で一番ドレス姿が似合うと思うんです!!!(山田ファントムの時に続き、変態意見でごめんなさい)

 

あとね、クリスティーヌって最初はいきなりカルロッタの代役にたてられて、

弱々しく自信なさげに出てくるんですよ。

舞台に立つのは好きだけど、自分に出来るかどうか不安みたいな。

でも、いざ歌い出すと、その不安を上手く隠して、見事舞台をやり遂げてくれるんですよね。

この辺、知念君っぽくないですか??

知念君もよくプレッシャーをかけられる場面がありますが(バラエティ番組の無茶ぶりとか)、その不安を一切匂わせず、成功できるんですよね。

なので、意外と知念君とクリスティーヌって近い存在だなーと思ってます。

 

この真っ直ぐな姿勢はファントムに対してもそうで、最初は恐怖の方が大きいんですよね。

でも、弱かったヒロインが色んな出来事を重ねていって、どんどん自分を表現できるようになる。そして、物語の最後には自分の意思をはっきり表明して、果敢にファントムに向かっていく。

その確固たる意思を持った強さも、知念君なら上手に演じてくれそうと思います。

 

有岡ラウル

→ラウルとは、オペラ座の新しいパトロンで、クリスティーヌの幼なじみ。

久しぶりに再会したというのに、すぐクリスティーヌに求愛して、クリスティーヌのハートをゲットしちゃうイケイケな男なのです。

 

この爆モテ感はぜひ有岡大貴に演じてほしい。

久々に会った瞬間から一途に求愛しちゃうところとか、これ絶対自分に自信がないと出来ない奴ですよね??でも、大ちゃんなら嫌味なく、さらっと求愛してくれそう。

あと知念クリスティーヌに「I love you」って言って、お姫様抱っこして、くるくる回ってほしい。(※ファントムの狂気に怯えたクリスに、愛を歌うシーンのラストがそんなシーンなのです)

ありちねが抱っこしてくるくる回るって、想像するだけで可愛いの塊じゃないですか!!!!!(※同意を求める目)

 

あと関係ないですが、ありやまのライバル感も好きなので、

山田ファントムと対決して、首を絞められる有岡ラウルも見たいです(←完全に個人的な性癖です)

というか、今気づいたんですけど、一人の女性を取り合って対決するって、まさに「My girl」的な展開ですね。

山田君と有岡君が知念君をめぐって火花を散らす……そういう展開を妄想するだけでもとても面白そうで、何だか胸が躍りますね(フフフ……)

 

高木マダム・ジリー

→マダム・ジリーは劇団に長く勤め、ファントムの過去を唯一知る女性なんですが、

「マダム」という響きだけで、すぐに「高木君だ!」と思ってしまいました。

(ファンの皆さんごめんなさい)(でも、高木君ってマダムっぽく感じる時ないですか??べいじゃんの高木ママとか←)

 

あと、「オペラ座の怪人」って基本的にファントムの敵ばかりなんですが、マダムって唯一ファントムの力になってくれる優しい人なんですよね。

ファントムの手紙を届けてくれたりとか、ファントムのことをバカにする大道具係に「悪ふざけだわ」とたしなめたりとか。

マダムって、弱い立場の気持ちを察してくれる人なのかなと思います。

そのような心優しいところも、高木君なら理解して演じてくれそうだなーという印象です。

 

岡本メグ・ジリー

→メグはクリスティーヌのお友達で、オペラ座のバレエダンサーの1人。

知念クリスのお友達はぜひ圭人君がピッタリでしょう。

 

とにかくメグ本人も圭人君と一緒で、すごくやさしいんですよ!

例えば、急遽カルロッタの代役が必要になった時に、「クリスティーヌが良いと思います!」と引き立ててくれて、結果クリスティーヌが主役デビューできるんです。

自分ではなかなか奥手な知念クリスティーヌの良さを理解し、スポットライトの当たる場所に引っ張り出してくれる圭人メグって、最高の組み合わせじゃないですか。

 

あと「音楽の天使が見ててくれるの」と夢見るクリスティーヌに、「大丈夫?」と心配してくれたり、

クリスティーヌがファントムに攫われた時にすごく心配してくれたりと、

メグって本当にクリスティーヌの最良の友達なんですよね。

なので、圭人君にメグを担当してもらい、知念君と圭人君で天使みたいな幸せ空間を演出してほしいなーと夢見てしまいますね。

 

薮カルロッタ

カルロッタとはオペラ座プリマドンナ(※トップ歌手のこと)。

ファントムがクリスティーヌを贔屓するせいで、色々大変な目に遭いますが、実は高い実力の持ち主だと思っています。

なので、カルロッタは断然薮君で。

歌が上手なオペラ座メンバーの中でも、特にカルロッタは歌唱力が必要なんですよ。

高音のパートとにかくすごくて、一度聞くと思わず惹きこまれてしまいます。

ときたら、JUMPメンバーの中でも抜群の歌唱力を誇る薮君にしたいです。

 

あと、カルロッタって女帝感がスゴいんですね。

歌声からも立ち居振る舞いからも、オペラ座のトップだということが伝わってくる。

その辺も、普段から帝王オーラを振り撒いている薮君にピッタリはまりそうだなーと思いました。

(毎回妄想記事書いてて気づきましたが、どうやら私は薮君を絶対的帝王ポジションに置きたいようです)

 

光ピアンジ

→ピアンジは舞台上におけるカルロッタの男性パートナー役。

なので、薮カルロッタの相手はやっぱり光君で。

正直選抜理由はやぶひかが見たいからに尽きます。

ぜひ二人の歌声で、会場全体を支配してほしい。

(ちなみにピアンジはガタイの良いおっちゃんでして……光君マジでゴメンなさい。でも、やぶひかが見たかったんだー!

あと、「オペラ座の怪人」は話が重すぎて、光君のようなコメディアンキャラがいなかったんだ……ゴメンなさい)

 

裕翔アンドレ伊野尾フィルマン

この二人はオペラ座の支配人で、ファントムに敵対視しているキャラクター。

浮世離れしたキャラクターが多い「オペラ座」世界の中で、貴重な常識人かつ理論的な性格なんですよね。

なので、JUMPの真面目人裕翔君と、JUMPの理系男子いのちゃんに担当してもらいたいです。

 

二人ともそんなに出番が多いタイプではないのですが、終始重いオペラ座のストーリーの中で、二人が出てくる場面になると、ちょっと空気が軽くなるんですよね。二人の歌唱曲も明るくて、舞台中の息抜きみたいな感じです。

(例えば、ファントムに手紙でバカにされて悔しがるシーンとか、マスカレードの最初に楽しく会話するシーンとか……) 

そういう役割も、JUMPのムードメーカーであるいのゆとの二人なら上手に果たしてくれそうかなーと思ったので、この配役にしてみました。 

 

ということで、個人的「オペラ座JUMP」をお届けしました!

今回も妄想楽しかったです♪(←ただ9人もいると、全員を良いポジションにつけてあげられなかったことが心残りでした)

 

しかし、こういう風に一つの作品で配役を考えていると、いつか本当にグループ全員で何かドラマや映画を演ってほしいという思いになってきますね~。

近い将来、JUMPの皆がそういう素敵なチャンスに巡り合えることを願いつつ、今回はここで締めようと思います。

いつも妄想にお付き合い頂き、ありがとうございました。