それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

勝手にJUMP PV大賞を考えてみた【後編】

さて、おまたせしました!

個人の独断と偏見で、JUMPのPV大賞を決める第二弾。

(ちなみに、前回の記事はこちら)

今回は、「ジャニーズお家芸トンチキ部門」と「美しすぎて一目惚れ部門」です!


☆ジャニーズお家芸トンチキ部門
※この賞はジャニーズでお馴染みの「トンチキ」を売りとしており、
見ている者が思わず口をぽっかーんと開けたくなってしまうような作品にお送りしたいと思います。

(誤解のないように断っておきますと、どの曲も好きですよー)

 

まずは第3位はコチラ↓

第3位「瞳のスクリーン」

f:id:kinatsu_aomori:20180526004136p:plain

元々は「左目探偵EYE」の主題歌でもあったこの曲。

大人びた歌詞とビターな曲調が特徴なので、シックな雰囲気でPVがくるのかと思いきや……

 

何故かPVでは、唐突にチャンバラを始めます(は?)

 

はい、歌詞と曲調からは考えられないぶっ飛び展開に、初見の時は思わず吹き出してしまいました。

何故この曲でチャンバラ??PV作った人の頭トンチキすぎません??

ま、それは百歩譲って目を瞑ったとしても、一々刀を振り回すシーンがスローモーション多いのも気になります。

せっかくのカッコいい動きが全体的にもっさりしてしまうんですよね。

「きっとJUMPちゃんが頑張って刀の振り方を練習したのに……(涙)」というモンペな気分にさせられます。

 

ちなみに、相手は顔がマスクで見えないので、終始お前誰やねん!という気持ちになります。

しかも、JUMPちゃんは一生懸命刀を振り回して戦うのですが、

相手はピンチに陥るや否や、唐突に魔法(光の玉?)みたいなものをぶっ放してきます。

(※下記画像参照)

f:id:kinatsu_aomori:20180526004032p:plain

いやいやいや、正々堂々と勝負せんかい!

ていうか、この世界チャンバラだけでなく、魔法もありなんですかい!!

何でもOKな訳わからん世界観、これぞまさにザ☆ジャニーズトンチキの王道ともいえますよね。

もうツッコミが追いつきません。

 

ちなみに、この戦いの決着はつかず、

「俺たちの戦いはこれからだ!」的なオチで終わります。

何度も重ね重ねになりますが、一体何だったんでしょうかこのPVは……??

 

続いて第2位!

第2位「真剣SUNSHINE」

f:id:kinatsu_aomori:20180526005402p:plain

もうタイトルの「真剣」と書いて「マジ」と読ませるところから、ジャニーズ独特の香りがしませんか??

 (ちなみに、トンチキタイトルには他にも「愛ing(愛シテル)」やら「SHenSHeraSHen」やらたっくさん仲間がいると思っています。

さっすがジャニーズ!!)

 

そして、PVもトンチキの予感を裏切らない出来でして。

トンチキ① 何でバテてた人間が急に歌い出すの!?

(いのちゃんビックリしてるのに、馴染むの早くないですか??)
トンチキ② 何故学校の廊下に出たら、目の前にジャングルがあるの!?

(そして何故光君葉っぱ食べたし!?)
トンチキ③ ジャングルに入ったら、何故に変な集団が出てくるの!?

(アナタ方誰!?!?)

トンチキ④ 急に法被着てダンス!?!?(いや、法被可愛いけど)

と、見ている者をぽっかーんと置き去りにするシーンが次から次へと出てきます。

(これはこれで楽しいんですが)

f:id:kinatsu_aomori:20180526005431p:plain

 (↑ちょうどスクショしたメンバーの表情が、私の心境を代弁してくれました笑) 

 

ただ余談ですが、このPVのビジュアルは皆最高ですね。

特に伊野尾革命が起きているのが丸わかりで、本人の可愛さもハンパないですし、

急に出だしのソロや2番サビのセンターを担当していて、時代の流れを強く感じますね。

PV自体はトンチキでしたが、曲自体はアゲアゲでテンションアップル~↑↑になれるので、結構好きな一曲です。


そして、第1位はこちら!

第1位「OVER」

f:id:kinatsu_aomori:20180526010645p:plain

皆さんもご存じだと思うのですが、この曲のPVは最初ミニドラマから始まるんですね。
そこで繰り広げられる小芝居。
山田「フラれちゃったんだよね」

ここで、私は思う訳です。

 

いやいやいや、ジャニーズ1顔面美しすぎて、まさに王子様というべき山田君がフラれるシチュエーションとか、
まさにトンチキの極みじゃないですか!?!?
誰だ、山田君にフラれるなんて役を持ってきたのは!責任者呼んでこーいー!!(ちゃぶ台返し)

 

と、とにかく悪ふざけはさておき。

山ちゃんを慰めるメンバー達ですが。
が、皆語尾に「OVER」をつける。その滑稽さといったら!

※会話の一部↓↓

「励ましてやってよ、OVER?」
明日は明日の風が吹く、OVER?」
「明るい未来が待ってるから、OVER?」
「俺らはいつでも味方だから?、OVER?」
「皆、ホントありがとな、OVER」
「じゃ、今から行くから。OVER」

………………

……いやいやいや、確かに曲名大事だけどさ、もう会話が訳わからん状態でっせ。 

これ、メンバーよく真面目な顔で演じることができたよね……(尊敬の眼差し)

 

そして、PVの本編は普通……かと思いきや、

何故か歌っているメンバーの周りを、バスケットボールやら携帯やらボーリングのピンetcが空中に飛び回ってます。なーぜー!?!?

曲自体は普通にカッコいい曲だと思うんですが、演出がトンチキの極みすぎて、

一般人の私では思考が全くついていけません(涙)

という訳で、トンチキ部門第一位はぶっちぎりで「OVER」です!おめでとう!!!

 

トンチキ部門は以上です!

ホントは他にも、メンバー分身の意味が分からない「Dreams come true」とか、

何故か空中に浮いている「ありがとう~世界の何処にいても~」とか候補が色々あって、ネタに欠かない部門でした。

(特に昔に遡れば遡るほどトンチキが出てくるので、よくメンバーグレずに真っ直ぐ成長してくれたなぁ~と感慨深い気持ちになりました)

今後も新たなトンチキPVが出てくることを、広~い心で期待しています(笑)

 

☆美しすぎて一目惚れ部門
※この賞はJUMPの「美しさ」を売りとしており、
ファンでなくても思わずJUMP沼に引きずりこまれてしまうような作品にお送りしたいと思います。

 

まずは第3位!

第3位「OVER THE TOP

f:id:kinatsu_aomori:20180526012324p:plain
この曲は「ダンスがピカイチ部門」とどちらに入れるべきか、最後までずっと迷ってたんですよ。
でも個人的にはJUMPの美しさが存分に楽しめる曲だと思い、こちらの部門に持ってきました!

 

まず、イントロで知念君が両手で顔を覆うシーンがあるじゃないですか。

私あそこのシーンめっちゃ好きでして。

ちょっと闇を感じさせるような暗い表情がたまらなくないですか?何だかぞくぞくしませんか??

(変わった性癖ですみません)

歌番組でもお気に入りのシーンの一つでした。

 

それから、とにかくソロショットが全員美しいんですよねー。

本人達のビジュアルも綺麗なんですが、洋館っぽい雰囲気のセットがロマンチックで、よりPVの美しさを引き立ててくれるといいますか。

個人的には衣装もオシャレでカッコいいな!と思います。

 

一方で、ダンスシーンはシンプルな出来になっているんですよね。

セットもスポットライトの演出のみですし、衣装も全く飾り気のない黒一色で。

でも、照明の光量に応じて、光と影のコントラストが次々と変化する様は素敵だなーと思います。

肝心のダンスも、相変わらずフォーメーションが綺麗で、統一感のとれた素晴らしい出来に仕上がっていると思います!

 

続いて第2位はこちら!

第2位「AinoArika」

f:id:kinatsu_aomori:20180526004835p:plain

このPVはまず楽曲の美しさが挙げられますよね。
オーケストラを率いての楽曲という点では、今までのジャニーズでは珍しい一曲だと思います。
でも、バイオリンやフルートなどの音色がとにかく美しくて、見事に優雅な一曲へと仕上がってますよね。

そして、その曲調に合わせるかのように、ダンスものびやかで美しい踊りになっています。
(余談ですが、これも振り付けシットキングスさんなんですね。
道理で私が好きな振り付けだなーと思いました)
また、衣装も鮮やかな真っ赤なジャケットとズボンで、
ダンスの出来がよりカッコよく、キレイに見栄えするなーと思いました。

 

また、ソロショットではカーネーションをもって微笑むJUMP君たち……。
イケメンと花の組み合わせって、なんでこんなに胸を打つんでしょうか。
すっごくドキドキしまして、まるで少女漫画の王子様みたいだなーとニヤニヤしてしまいますね。

 

まとめますと、曲は大人っぽく壮大なメロディである一方、
キラキラな衣装や満点のアイドルスマイルがステキで、個人的にお気に入りの一曲です。


そして第1位はコチラ!

第1位「White Love

f:id:kinatsu_aomori:20180526004623p:plain

PV自体は「White Love」なのに真っ黒かよ!とツッコミたくなるのですが、
それを置いといてもビジュアル面の美しさが輝いていますよね。
全員の髪型も好きですし、衣装がとにかくシックでカッコイイなーと。

 

まずはダンスシーン。
爽やかな曲調にも関わらず、結構ガッツリ踊っているので、初見の時はビックリしました。
でも、全員でハートを作ったりと可愛い振りもあったり、
一度にカッコいいJUMPと可愛いJUMPが楽しめる至福の一曲だと思います。

そして、もちろんダンスパートも好きなんですが、
この曲の見どころは何より二番のソロショットシーンですね。
白く降り積もる粉雪と、儚げなJUMPメンバーの表情といったら!
美しすぎて、PVを見ているだけでも胸がドキドキしてしまいます。
(一応知念担なのに、大ちゃんやら山ちゃんやらいのちゃんやらetc、
とにかく全員美しすぎて、目がいくつあっても足りません)

美しいJUMPを見たい人にはオススメのPVです!

 

「美しすぎて一目惚れ部門」は他にもビジュアル最高な楽曲がいっぱいあったのですが(というか基本的にJUMPは全員顔面偏差値高いし、美しすぎる)、

個人的に絞ったお気に入りはこの3曲でした。

これらのPVを振り返って見ていると、美しさの過剰摂取で肌が潤いますね♪(笑)

 


という訳で、以上、「勝手にJUMP PV大賞を考えてみた」企画でした~!
ここまで個人的語りにお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

こうやって過去の映像を色々振り返るのも楽しいですね~。
また機会があれば、何かしら企画立ててやってみたいと思います。