それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

やまちねの沼が深すぎるので、二人のエピソードをまとめてみた件

突然ですが、金も美貌も地位も名誉もすべて兼ね備えている山田涼介が、

知念侑李という可愛くて小悪魔な子に魅了されている図って萌えの宝庫じゃないですか??

という訳で、今日はやまちねの話。

( もちろんJUMPコンビ厨なので、やぶひかもゆとやまもいのありもその他のコンビも大好きなのですが、それはまた別の機会にということで)

(※ちなみに語りすぎて、結果的に8500字近くになりました。記事作成時間10時間ぐらい←どれだけやまちね好きやねん。

多分このブログで一番の長文記事と思いますので、よろしければ時間に余裕があればお付き合いください)

 

元々知念君ってHey! Say! JUMPの姫的ポジションなので、メンバーから甘々に優しくされるのは日常茶飯事なのですが、それにしても最近思うんです。

山田君⇒知念君への愛情、重たすぎませんか??

 

そもそもジャニーズのグループって、友達とも家族とも恋人とも違う、独特で強い絆や関係性があるとは思っているんですけど、それにしても山ちゃんの溺愛っぷり方が深い。

端から見ても、大ちゃんや圭人君への扱いと知念君への接し方が違いすぎて、ビックリ。

やまちねすごく好きなコンビなんですが、時折萌えを通り越して、逆に山ちゃん怖いと思う時さえあります。

 

そんな訳で、今回は思う存分山田君と知念君の関係性を語りたい!ということで、

私の好きなやまちねエピソードをまとめてみました!

(自分用になるべく出典もわかるようにメモしたんですが、間違ってたらゴメンなさい汗)f:id:kinatsu_aomori:20180603050507j:plain

早速、山ちゃん→知念君への熱いエピソードから。

 

●知念君との関係性を評すると……

山田「甘えん坊さん(笑)。もちろん仕事面ではすごくしっかりしてるけど、それ以外の部分ではいつもオレを頼りにしてくれる姿がかわいい。昔からずっとそうだし、これからも変わらないと思う。甘やかしすぎって言われるかもしれないけど、知念は知念でいてくれればいいよ」

(2017.12 POTATO)

早速出ました、知念君に甘々な山ちゃん!

何かにつけて、知念君のことを「可愛い」とデレデレして褒めてますよね。

特に「知念は知念でいてくれればいい」という言葉は、やまちね名言集に入ると思います。

日頃ずーっと仕事でもプライベートでもベタベタしていて、きっと不満や愚痴の一つぐらいあるだろうに、それらをすべて受け入れる山ちゃんの愛情の深さといったら、感嘆せざるをえませんね。さすがやまちね。

 

他にも、知念君のことを語ったこちらのエピソードも好き。

山田「なんだろうね。相棒!?同志というか戦友!?まちがいなく、知念がいちばん俺のことを知ってるからね。
俺がもうひとりいるって感覚がいちばん近いかな。
今も覚えてるんですけど、まだ中学生だったころ、ドラマの収録現場で、隠れて泣いたことがあるんです。
気づいたら、なぜかとなりで知念も泣いてて、「なんなのこのコ?」って思った(笑)
なんで泣いてるのか聞いたら、「涼介が悲しいと僕も悲しい」って、あいつ言ったんです。
今年のツアーでも、初日の最後の挨拶で、メンバーみんなガマンしてたんですけど、こらえきれず俺は泣いちゃったんですよね。
そしたら、知念も泣き出して。
裏に戻ったとき、「なんで、お前まで泣いたんだよ」って聞いたら、「なんか涼介が泣くと泣いちゃうんだよね」って。知念には言ってないけど、「変わらないな、俺ら。本当に心が通じ合ってんのかもな」って」
(2018.1 Myojo)

こちらは山ちゃんの一万字インタビューから、知念君について語った言葉を抜粋してきましたが……「心が通じあっている」という表現すごくないですか??

山ちゃんも言っていますが、やまちねの関係性って、安易な言葉に置き換えることは難しいと思うんですよ。

相棒でも、仕事仲間でも、家族でも、恋人でもなく。

でも、これまでずーっと10年以上も長い時間を過ごしてきて、同じ感情を共有してきて、まさにかけがえのない存在。

唯一無二の片割れとでもいいましょうか、二人にしか出せない温かい関係性が大好きです。

 

●知念君が他の人達と絡む機会が増えると、わかりやすく嫉妬する山ちゃん

知念ちゃんが自分以外の人と絡むと、やきもち妬く山ちゃん可愛くないですか??

という訳で、まずは一気に山ちゃんの嫉妬エピソードを3つご紹介。

 

【2012年に行われた高木&知念のフランス二人旅を見て】

この度の様子は、JUMPのメンバーも毎回チェックしていたそう。

高木と知念がふたりで頑張っている姿を見た山田が「不思議な気分になる、すごい違和感がある」って言ってました(笑)と明かした高木。

それを聞いた知念は、「涼介と僕がふたりとかはあったりしますけど、テレビとかでも。そういう意味では、やっぱりジェラシーですよ」とニヤリ。

(2013.6 Johnny's Webイベントレポ) 

 

山田「知念が人見知りだったんで、このぬーべー入る前心配で、ちょっとぬーべー頑張れ会やったんですよ。4人ぐらいで。

で、「ぼく頑張ってくる」って!「じゃ頑張ってこいって、いつでも俺ら相談に乗るぞ」って。ぬーべー挑んだんです、こいつ。

そしたら、なんか始まったらぬーべーの人達としか一緒にいないんですよ!」

(地獄先生ぬーべーメイキング)

 

山田「プライベートでは、最近あんまり一緒に遊んでないよね?」
知念「そうだね。ここ最近、涼介とは遊んでないな。
別に仲が悪いってわけじゃないんだけど(笑)」
山田「だって知念、薮ちゃんとばっかり遊んでるんだもん!」
(2018.3 POTATO)

ちなみに、この後

山田「まぁでも、家族ぐるみで中がいいのはやっぱり知念が一番強いかもしれない」
知念「つまり山田家の家族みんなが僕の相方みたいなもの🖤」という爆弾発言を残しておられます。

はい出ました、甘えん坊山ちゃん(笑)

山ちゃんってどちらかというとオラオラ系といいますか、お口がよろしくないタイプだと思ってまして、「俺についてきなよ」的な性格だと思っているんですが、知念君相手だと逆に振り回されています。

急に「知念構ってよ」オーラを出す山ちゃん、すっごく可愛い。

 

上記のエピソードにしたって、そもそも冷静に考えると、しょうがない場面ばかりだと思うんですよ。

高木君とぬーべーの件は仕事だし、知念君が薮くんとよくご飯行ってた時は山ちゃんが死ぬほど忙しい時期だったし……(※山ちゃん映画公開にドラマにコンサートに仕事が連続していて……「正月休み一日もなかった」発言に、一オタクとして涙が出ました)

でも、しょうがないこととか大人の事情とか関係なく、JUMPの絶対エースは知念ちゃんと絡む機会が少なくなると、わかりやすく拗ねるんです。

何でしょう、この可愛い生き物は。天使か。

 

特に、山ちゃんの寂しがり屋がMAXだったのが知念君のアポロン撮影in長崎(佐世保)事件↓↓

 

●長崎に行ってしまった知念君にしょんぼりする山田涼介

知念君が 「坂道のアポロン」の主役に決まり、佐世保に1~2ヶ月ほど長期ロケに行くことになった訳ですが、この時の山ちゃんの捨てられた子犬感がハンパなくてですね……!

こちらもまずはエピソードをまとめて紹介。

知念「(映画ロケで九州に行っていた間)ヒカや宏太がメールでおもしろい動画を送ってくれたり、涼介が「まだ撮影終わらないのかよ」って連絡をくれたりしてたのを考えると、寂しかったのは僕よりメンバーのほうだったんじゃないか…なーんて思ったり」

(2017.8 duet)

 

(うるじゃん圭人君の回に、急に電話をかけてきた山ちゃん)

山田「ね~、圭人。ちょっとオレ暇だから相手してよ」

圭人「(笑)今相手しているつもりなんだけど」

山田「知念ちゃんがさー、もう長崎ばっか行ってるからさ~。友達がさー、一人減っちゃってる訳よ今」

(2017.6.8 うるじゃん圭人回)

 

(やまちゃん誕生日に、ちねけとが自宅へ押しかけた話)

圭人「最初に知念が到着した瞬間山ちゃんの顔がパッて明るくなってさ。次に俺が顔出したら"お前いらねーよ!"って」

山田「悪い悪い。でもさ10年間いつも横に置いておいたぬいぐるみが、ある日いなくなっちゃうんだよ?それが戻ってきたらああいうリアクションになっちゃうでしょう!」

(2017.7 Wink Up

 

ここまで立て続けにやま→ちねエピソードをまとめてみて思ったんですが……

山ちゃん、お、重い……重過ぎる……orz

 

知念君が長崎に行ってたのって、たった1~2ヶ月ぐらいのことだったじゃないですか?

しかもその間も、メンバー全員の仕事などで、数回は顔を合わしていたはずじゃないですか???

にも関わらず、この山ちゃんの拗ねっぷり&依存っぷり……。

何なの、山ちゃんは知念君がいないと生きていけない子なの(??)

※ちなみに、この間知念君は大志君と佐世保生活を満喫していたとさ。圧倒的に知念君の方が大人でしたね(汗)

 

しかも、こんな構ってオーラを出すのは知念君相手だけなんですよね。他のメンバーにはここまでの構ってモードをやることもない。まさに「君にしか見せない顔がある~♪(SUPER DELICATE)」状態ですね。

一見やまちねの関係って、知念君が山ちゃんにべったり甘えているように見えますが、

本質は逆(山ちゃんが知念君に甘えている)だと思うと、何だか滾るものがあります!!

 

●知念君を誘う時はツンデレ山ちゃん

ここまで散々知念君好き好きな山ちゃんについて語ってきましたが、

でも、実際に知念君を誘う時はツンデレモード全開なんですよ!

知念「涼介のドラマ撮影が終わってからまた涼介との時間が増えました!

急に連絡が来るようになりました!

どうせ暇なんだろ?

相変わらずの誘い方でご飯の誘いが。

とりあえず2日連続でご飯食べました!」

(2018.3.30 ちねぺ)

 

知念「楽しい撮影が終わった時とある人から連絡が。

終わったらどうせ暇だろ。

暇人。

家来ればいいさ。

暇人。

誰か言わなくてもわかりますよね笑

涼介です。

寂しがりやさんですねー」

(2018.4.29 ちねぺ)

 

本当は自分が知念君と遊びたいだけなのに、素直に言えない山ちゃん可愛すぎませんかー??

例えて言うなら、好きな子に優しくできない男子高校生みたい(←大分失礼)

そして、知念君の受け答え方もツンデレで可愛くないですか??

でもちゃんと山ちゃんの心情を推し測って一緒に遊んであげるところが、安心安定のやまちねでほっこりします。

いつまでも二人でキャッキャ幸せ空間を作っていてほしいです。

 

●甘やかす山ちゃん

上記でツンデレ山ちゃんと書きましたが、どちらかというと圧倒的に甘やかす場面が多い山ちゃん。

例えば知念君から「財布」呼ばわりされていることは、ファンなら周知のエピソードですが、

なんというか、山ちゃんって「知念オレのこと財布って呼ぶんですよー」とぷんぷんしている割に、自分から財布になろうとしてません??

例えば、

知念「涼介は今後も僕を養うという意味でのデュオでいて!」
山田「それはデュオとはいわないぞ(笑)。いいよ、面倒見る!」
知念「お願いしまーす(笑)。涼介は、僕にお願いしておきたいことって何かある?」
山田「髪、切りすぎだよね(笑)。そんなに頻繁に切らないで」
知念「すぐ伸びちゃうんだもん」
山田「じゃあ、いいよ🖤(笑)」
(2018.3 POTATO)

知念君が甘え上手というのもあると思いますが、 それにしても山ちゃんもにっこにこで「面倒見る!」と宣言しているところが、もうどうしようもないですよね。

(※多分改めてお願いされなくても、知念君をベタベタに甘やかす山ちゃんの絵が目に浮かびますが)

一方で、知念君へのお願い(髪切ってほしくない)を一蹴されても、すぐにハートマーク付きで「いいよ」と許しちゃう山ちゃん、やはりスパダリすぎます。

 

後、最近でビックリしたエピソードがこちら。

山田「(シャツに)GEORGEってデザインされてるおかげでゆうてぃーからヘイ、ジョージ!っていじられたよ。もちろんハイ、ジョージですって返したけどね(笑)

でももうこれは知念のものになります。さっきジョージいいなーって言ってたから明日にでもあげちゃう!」

(2018.6 duet)

 え、山ちゃんって知念君におねだりされたら、すぐ服あげちゃうの!?!?

さすがにこれは驚きました。

いや、だってオシャレ山ちゃんなのに……服へのこだわりめちゃくちゃ強そうですのに。

余っている服を知念君にあげている話は、これまでも何度も聞いていましたが、

まさか現在進行形で着ている服をあげようとするとは思いもしませんでした。

どれだけ知念君のことが好きなんだ、山ちゃん……。

相変わらずオタクの想像の斜め上を行く溺愛っぷりで、ただただ山ちゃんってすごいなぁと驚かされます。

ここまできたら、(山ちゃんには申し訳ないですが)、今後もずっと「知念の財布♡」を貫いてほしいですね。

 

 

と、ここまでやま→ちねがわかるエピソードを紹介してきましたが……

ええっと、何度でも繰り返し言います。

どっからどう見ても、山ちゃん、愛情が重い、重すぎるよ……!(こんなの付き合ってるカップルでも重い……)

大体、基本的に山ちゃんってお口がよろしくないのに(大体圭人君や大ちゃんが被害にあっている)、知念君だけ特別に甘やかしすぎてませんか??

山田君から与えられる重いエピソードの数々に、オタクは混乱するばかりなのです。

 

一方、知念君は山ちゃんから絶え間なく与えられる愛情を、素っ気なく受け流しつつも、こちらもこちらで時折とんでもない爆弾を落としてきます。

という訳でせっかくなので、続いてはちね→やまのエピソードをご紹介。

 

●友達経由で愛情表現をする知念君

ここまで書いてきたように、基本的に愛情が重い山ちゃんとは違い、なかなか素直に気持ちを言わない知念ちゃんですが、時々ふと急に思い出したかのように、素直になります。

山田「自慢していい?少し前に知念と共通の友達から、知念が“涼介のことが一番好き”って言ってたって聞いたんだよ。本人からじゃなくて友達伝いっていうのがポイントね。超うれしかったんだけど!」

知念「うん、言ったね(笑)」

伊野尾「ただのノロケ話じゃん(笑)」

(14.10TVLIFEプレミアム)

正直なところ、山ちゃんはしょっちゅう知念君に対して「可愛い」を連呼しているイメージですが、

逆に知念君が山ちゃんの目の前で、山ちゃんに愛情表現をする姿はあんまり見たことがないんですよ。

ただその分余計に、突然飛び出す一言一言の破壊力がハンパない!

普段は一方的な片思いの山ちゃんなので、時折不憫なイメージを感じることもあるのですが、

知念君から「一番好き」という言葉を引き出すことができた時の山ちゃんの心境を思うと、「とにかく良かったねー山ちゃん(感涙)」という気持ちに尽きます。

何といいますか、個人的には友達の片思いが成就した時の心境に似ている感じですね。

あと、友人伝いというのもいいですよね。友人に「涼介が一番好き」と語るって、本気感がすごい。どういうシチュエーションでそういう話になったのかも気になりますが、何はともあれ、知念君の思いを山ちゃんに届けてくれたご友人の方には、とにかく「ありがとう!」と伝えたいですね。

文章からも山ちゃんの喜びっぷりが伝わってきて、ついつい頬が緩んでしまいます。 

そりゃ普段これだけ可愛がっている子から「好き」って言われたら、幸せな気持ちになりますよね。

 

●山ちゃんからの愛情を受け止めている知念君

個人的には、これだけ重たい山ちゃんの愛情を真正面から受け止めてくれる知念君の姿も好きでして。

例えば、

知念「涼介にはいつも愛を感じているよ。いろんな場面で僕のことをアピールしてくれるし。仕事の面でもとっても尊敬しています。尊敬は僕の愛の証です」

(2017.11 ポポロ)

こんな風に、ちゃんと心の底では山ちゃんに感謝している素直な知念君も愛おしいですよね。

一方的に甘やかされているだけではなく、時折見せる知念君なりの愛の返し方が好きです。

 

●山ちゃんの魅力を語る知念ちゃん

そして、ちね→やまを語る上で、決して外せない名言がコチラ。

知念「僕、出会った日から、ずっと好きですから。

強くて、カッコよくて、かわいくて。

いまだにメンバーがおどろくくらいのエンターテイナーで。

だから涼介は、僕のアイドルだしヒーローで、親友であり仲間ですけど、僕があいつのいちばんのファンです」

(2017.7 Myojo)

こちらは知念君の一万字インタビューから拾ってきた名言なのですが、

甘々すぎる言葉の数々で、壮大なノロケ話にしか聞こえないのは私だけでしょうか?

普段は重過ぎる山ちゃんのエピソードで霞んでいますが、

知念君もどれだけ山ちゃんのことが好きなんだよ!って感動しますよね。

 

特に「出会った時から好き」って、もう何その少女漫画みたいなセリフって話ですよ。

そういえば思い出したんですが、よく雑誌などで「もし自分が女性だったら、結婚したいメンバーは?」という定番の質問があるじゃないですか。

で、大体山ちゃんって、選ぶ相手が圭人君だったり雄也君だったりバラバラになることが多いんですけど、知念君って昔から一貫して山ちゃんを選んでいるんですよね。

↑まあ、「養ってくれそう」とかふざけてごまかすことが多いのですが。

でも、根本的にあるのは、この「出会った時から好き」という知念君の想いなんでしょうね。

あぁ、もう普段はなかなかわかりにくいところもありますが、知念君の一途な愛情っぷりに胸きゅんしてしまいます。やまちね可愛いよー!!!

 

 

さて、以上約8500字近くやまちねのことを延々と語ってきましたが(←長いわ)(←でももっと書こうと思えば書けるので、やっぱりやまちねの沼は深い)、

いい加減そろそろまとめますと。

ここまで私が熱く語ってきた通り、やまちねの沼って本当に奥深いんですよ!

最初やまちねを知った時と、すっかりやまちねの魅力にハマった今とじゃ、全然印象が違うんですよ!!

これは個人的な私の意見なんですが、

★レベル①(やまちねを初めて知った人レベル)

→あー、知念君が山ちゃんに甘えているんだなー。山ちゃんが知念君を可愛がってるんだなー。

★レベル②(JUMPのファンになった人レベル)

→山ちゃんの愛情重たすぎません??知念君が意外とドライで可愛い。

★レベル③(本格的にやまちねの沼に落ちた人レベル)

→わかりにくいだけで知念君の愛情も重たかった。相思相愛のバカップルだった。ありがとうございました。

 

みたいな。

知れば知るほどやまちねの印象が変わってきて面白いし、どのレベルにいても二人が可愛くてたまらないんですよね。

やまちねってもはや宇宙……!!(=無限大)

ここから先も、末永く仲良く幸せであってほしいと願います。

そして、オタクとしてはそんな二人を温かく見守り続けたいです。

 

やまちねは永遠に不滅です!!(願望)

 

 

 

※ここからはおまけ↓(※流れ的に本文に入れきれなかった、周囲から見たやまちねについて)

●他グループから見たやまちね

知念「昼ぐらいに山田から『おなか減った』というメールが来て。じゃあ食べようって」

三宅「カフェをはしごするんだって?」

知念「一緒にいるとカフェばっかり」

坂本「え、付き合ってるの?」

知念「付き合ってないです(笑)一番気軽に声を掛けられるのが山田だっていう」

(15.8テレビジョン)

こちらは24時間テレビでV6と共演した時のインタビュー記事から。

JUMPちゃんの沼にいると皆キャッキャしているし、プライベート遊びまくるし、カフェ巡りぐらい日常茶飯事なので(特に山ちゃん)、ついつい忘れがちですが、周囲から見たらどう見てもこの人たち距離感おかしいですよね。

付き合ってないけど、普通のカップルよりよっぽどイチャイチャしていると思います。

いつもごちそうさまです!!!

※ちなみに、V6兄さんは他の場面でも「JUMPって仲良いよねー」「今の子達って距離感近いよねー」と色んなところで語ってくれました。ありがとう!

 

●周りのメンバーから見たやまちね

有岡「(一日この人になってみたいのは)知念。

だって山田の当たりが俺や圭人に対するのと全然違うもん。

(略)山田、知念にはやさしいの。

で、知念も甘え上手だから山田とご飯を食べに行くといつも奢ってもらってるとか。

俺も山田にやさしくされたいし、たまには奢ってもらいたい!」

(15.7duet)

この文章を見た時、真っ先にまず「大ちゃんごめんなさい」と思いましたよね。

でも、やっぱりメンバーから見ても、やまちねって特別なんですね。

特に山ちゃんですよね、確かに他メンバーには毒吐くことも多いですし、男同士の親友って感じですが、知念君に対してはまず視線が優しいですし、彼女か!ってぐらい接し方が甘々ですし。

今後も変わらず、知念君のことを溺愛してほしいなーと願っています!!!