それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

Hey!Say!ギャップJUMPについて語ってみる【Hey! Say! 7編】

私がHey!Say!JUMPにハマってから、まだまだ日は浅いのですが*1

Hey! Say! JUMPの沼はとにかく深い。

一般人だった頃は「山田君と愉快な仲間たち」「ジャニーズきってのエリートグループ」「とにかく人数が多い」という印象しかなかったJUMP君達なのですが(失礼ながら……ごめんなさい)、とにかく第一印象とファンになった今とでギャップがスゴイ!

本人達を一人一人知れば知るほど、その魅力が満載で、心から愛しいメンバー達だということを実感します。

 

という訳で、本日のテーマは「Hey!Say!JUMPのギャップ」について。

ハマる前とハマった後で、私の目からどう印象が変わっていったのか、一人ずつスポットを当てて書いていきたいと思います!

長くなったので、「Hey! Say! 7編」と「Hey! Say! BEST編」に分けてお届けしますね。

(※毎度お断りしていますが、あくまでも私の主観的な意見ですので(特にハマる前については辛辣な表現があるかもしれません)、どうぞ温かい目で見守ってください!) 

 

f:id:kinatsu_aomori:20180617073949j:plain

●山田涼介

【ハマる前】Hey! Say! JUMPといえば山田君。何だかプライド高そう(※偏見)

【ハマった後】JUMPの絶対的エース。美意識と女子力が高すぎて尊敬!

あとメンバー大好きなところが可愛い。

 

正直昔はJUMP=山田君というイメージが強くて、「顔がキレイな人がいるなぁ~」という印象しか持っていませんでした。なので、色んな人にちやほやされて、プライド高そうというような勝手な印象しかなかったんですよ(今となっては超失礼ですね、ごめんなさい)。

ですが、オタクになってから気づいたんですが、山田君って知れば知るほどギャップが大きくて面白いんです!

 

例えば、美意識と女子力にかける情熱はスゴイ!

メイク時間も、他のメンバーが30分ぐらいで終わらせるところを、何と1時間もかけてしまいます。

おまけにライブになると、さらに気合が入って、カラコン入れたり、泣きぼくろ書いたりしちゃいます。

あんなにイケメンなのに!!

 

また、料理も得意で、得意料理は「金目の煮付け」だったりします。

以前夜会で冷蔵庫の中身を公開していましたが、まさに主婦の冷蔵庫とでもいうかのように、キチンと整頓されていてビックリしました

しかも料理をやり出したきっかけが「女子にモテたいから」。

あんだけイケメンなのに!!(2回目)

ですが、雑誌などで聞くかぎり、料理を食べさせている相手は主に知念君が多いように思います。やまちねが仲良くて良きことかな。

 

あとは、とにかくメンバーが大好きというところもファンになるまでは知らなかったので、ビックリしましたよね。

かろうじてソロデビューしたことは見ていたので、ソロ志向が強い人なのかと。

そう勘違いしてしまうには、当時の仕事量も山田君が圧倒的に多かったですしね。

(ちなみに、ファンになってから山田君がソロデビューの時に病んでたことを知ったので、そこまでメンバー思いとは……と知って感動しました)

ただ、山田君を見ていると、このメンバーでいることがすごく好きなのが伝わってきて、可愛いですよね。

例えば、せっかくのオフの日にでも、知念君と裕翔君と8時間もゲームしちゃうような子なんです。

圭人君とはGPSも交換して、カフェ巡りしちゃうんです。

大ちゃんには散々「ブス」だの何だの毒を吐くくせに、さらっと本人がいないところで(※1万字インタビュー)「昔以上にわかりあってるし、信頼してるから」なんて言っちゃうんです。

いのちゃんには、せっかく服をあげたのに着てくれないと拗ねちゃうんです。

雄也君と光君の舞台は、「山田が(観劇を)楽しみにしていた」とメンバーに暴露されちゃうんです。

薮君とは一緒にライブのセトリを一緒に考えちゃう仲なんです。

あんだけエースで、誰よりもバリバリ仕事をこなす山田君が、メンバーの前だと甘々とは、なんて可愛いんでしょう!

 

もちろんJUMPの絶対エースとして、ファンサービスをいっぱい振りまいてくれたりと、キラキラしている部分もいっぱいあるのですが、

その内面に隠された山田君のギャップが可愛くてたまりませんね♪

 

●知念侑李

【ハマる前】とにかく小っちゃい。女の子みたい。

【ハマった後】JUMPの姫!可愛いと甘えん坊の最上級アイドル。

運動神経抜群で何でも出来ちゃうのに、一方実は人見知りなところ。

 

最初知念君を見た時の印象は「小っちゃい」でした。

確かにジャニーズは低身長の子が多いけど、158cmって女子の平均身長かと。

何度か書いていますが、隣に身長が高い人が並ぶとテロップで知念君の顔が隠れそうになるところとか、「小さい!小さいよ知念君!」とテレビの前で叫んでました。

 

ただ、ファンになるまでは、いのちゃんの方が顔可愛いなーと思っていたので、

何故そこまでメンバーが「知念可愛い」と絶賛するのかがよくわかっていなかったんですよね。

 

ところが、JUMP沼に落ちて気づきました。

知念君はJUMP界のお姫様だったんだ……!

 

何といっても、語られるエピソードのすべてが可愛い。

「醤油の袋が上手く開けられない」と言って、裕翔君に開けてほしいとおねだりしたりとか、

「涼介と大ちゃんの服は一生僕がもらっていたい」とか、

番宣のついでにヒルナンデス組の楽屋に上がって、そのままお昼寝しちゃったエピソードとか、

可愛すぎるでしょ何このエピソードの数々は。

まさに小悪魔女子ですね。

 

また、メンバーも知念君を甘やかす甘やかす(笑)

知念君が一人でお寿司屋さんに行ったと聞いただけで、「知念が一人で行ったの!?すごいねー」とべた褒めし、

知念君の主演映画(アポロン)は、ほぼメンバー全員で鑑賞した後、これまたベタ褒めし、

メンバー全員で行ったカラオケで知念君が号泣しちゃった時は、メンバー全員で

「知念大丈夫?」と甘やかす始末なのです。

ちなみに、山田君が「そろそろ彼も24歳なので、甘えキャラのままではダメだと思う」という発言をされたことがありましたが、一番甘やかしているのはエース山田涼介です。

 

と、まあそんな風に甘やかされて育ってきたので、

知念君自身も「ボクが可愛いのは当然でしょ?」とおっしゃっておられます。

普通の人だとイラッとしそうな発言でも、知念様なら許されてしまうのが彼のすごいところですね。

 

あと知念君って小さい体で、一見体力なさそうに見える風貌なのに、実は運動神経抜群で何でも出来ちゃうところがスゴイ。

初めてのイルカロケでも、3回目で上手くイルカに乗れるようになったりとか、

空中ブランコやアクロバットもそつなくこなし、またメンバー曰く誰よりも振り覚えが早く、記憶力も良いとのこと。

アイドルとしての素質は満点ですね。

 

にも関わらず、かなりの人見知りで、一番大事なコミュニケーション力が苦手という……。

知念君の人見知りエピソードはたくさんあって、

初めてのドラマ撮影で上手く共演者の人と話せず、ずーっとガムテープを見てた話とか、

マッサージ屋が苦手で、その理由が知らない人と同じ空間にいるのが苦手だからとか、

レストランで自分から注文することが難しいとか、

最初に聞いた時は、芸能人として大丈夫??と心配になりました。

私も人見知りの方ですが、知念君の人見知りっぷりには勝てない……。

 

なので、山田君以上に、プライベートにおけるメンバーとのエピソードが多い……。

大体山田君か薮君と遊んでいるイメージしかない。たまに、大ちゃんや裕翔君。

以前TOKIOカケルにゲスト出演した時に、「人生で大切なものはメンバー」という名言を残しておられましたが、その言葉が真実であることがよくわかります。

 

まさに、JUMPの姫ですよね。これからもメンバーを愛し、メンバーに愛されていてほしいキャラクターだなーと思います。

 

●中島裕翔

【ハマる前】青春アミーゴの小っちゃい子。何か顔がキレイ。

【ハマった後】美青年というのは変わらず。あと、とにかくリアクションが面白い。マジレッサー。

 

最初裕翔君を知ったのは、あの懐かしの「青春アミーゴ」でしたので、

ずーっと「あの小さかった子が大きくなったなぁ~」とまるで親のような視線で見ていました。あとやたら顔がキレイだなーとも。

 

もちろんその印象は今も変わっていないのですが、

裕翔君の中身をちゃんと知ると、とにかくリアクションが面白い。

いたジャンでも誰よりもツッコみが的確だったり、急にモノマネを始めたり、見ていて楽しいですよね。

 

そして、裕翔君の一番のギャップと言えば、そのマジレスっぷり。

名付けてマジレス王子!(※勝手に命名した)

与えられたテーマやトークについて、無邪気な天使の微笑みを浮かべながら、

淡々と冷静な答えを返してくる時があるのです。

 

例えば、つい最近のアイドル誌でも、

「Q.あきらかに落ち込んでいる女の子がいます。励ましてください」

 という質問があり、恐らくインタビュアーの方はキラキラ回答を求めていると思われるのですが、裕翔君の回答はコチラ。

 

「わかりやすすぎだよ」

(もうなんかいろいろ先回りして言っちゃう。落ち込んでいるのが「声かけてほしい」っていう感じでしかないから、「もっとやり方あるよね」って言っちゃう(略))

 

で、出た裕翔君のマジレスっぷり……

(※多分ここでの模範的答えは「大丈夫?」「僕がいるから元気出しなよ」などだと思われる)

ハラハラした気持ちにさせられます。

外見だけ見ると美しい好青年なのに、すぐマジレスを大量生産するドSっぷりがたまらないです。

裕翔君はこれからもずっとマジレス裕翔君のままでいてください(笑)

 

岡本圭人

【ハマる前】なんか地味な人(ごめんなさい)

【ハマった後】英国紳士でジェントルマン。天使。時々黒い。

 

正直圭人君のイメージって、本人が穏やかな性格だということもあり、

最初はなかなか印象が薄くてですね……地味な人だなという感じでした(超失礼)

 

ただ、JUMPのことをちゃんと知るようになって、とにかく優しい人なんだなーと思うようになったんですよ。

誰よりも気遣いが上手な人。 

例えば有名な話ですが、JUMPing

CARのアルバムで好きな曲を聞かれた時に、「選ばれなかった曲が可哀想」という理由で、曲を選ぶことが出来なかったんですよ。

そんなアイドルいる??

圭人君は天使かなという話です。

 

他にも、メンバーが呼び出したら、基本的にはすぐ来てくれるし、メンバー出演作はちゃんとチェックして、ジャニーズwebに感想をあげてくれたりと、とにかく優しくて温かい人だと思います。

 

ただ、基本的には優しいのに、時折黒い部分を見せてくるので、そのギャップにドキッとします。

何か斜め上から発言が飛んでくることがあるんですよね。

今思い出したのが、女子ハイグラム会ね回(byいたジャン)で、メンバーの女装を見た圭人君。

この中だと誰と付き合いたい?という質問に対して、光君を選んだ圭人君ですが、その理由として、

「(普段光君が強いから)付き合って下にしたい」というトンデモ発言がありました。

これは、全オタクが「圭人君!?」と目を見開いた瞬間ですよね。

あの優しい圭人君がブラック圭人化する瞬間が来ようとは。

普段はニコニコしている圭人君なので、たまに見せるこういうダークな一面もたまりません。

優しいのはもう周知な事実ですが、優しいだけじゃないぞという圭人君の魅力ももっと広まってほしいなと思います!

 

 

という訳で、まずは「Hey! Say! ギャップ7編」でした。

(本当は1回でまとめるつもりだったんですが、思った以上に長くなってしまいました(ここまでで5000字弱)ので、一旦ここで区切ります)

「Hey!  Say! ギャップBEST編」も近日中にアップしますので、お待ちくださいませ。

*1:24時間TV出のJUMP担。ファン落ちブログはまた別途書きたいと思っています