それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

圭人君の留学についての個人的雑感

先にお断りですが、以前も書きましたように、基本的にブログは楽しい記事を書きたいと思っています。
ですが、やはり圭人君について、今回感じた自分の気持ちを備忘録として残しておくために、この記事を書いています。
圭人君が留学から帰ってきた時に、この記事を読み直して、「あの時の選択肢は間違ってなかったんだなー」と振り返るための記事です。
あくまでこの先は私一個人の考えになりますので、ご了承頂けますと幸いです。

 

さて、圭人君が留学することになりましたね。
行き先はニューヨークの演劇学校で2年制。
つまり、恐らく2年間は留学のため活動休止となります。

 

最初にこのニュースがメールで届いたのは、22日(土)の20時頃でした。(((※余談ですし、口が悪くなりますが、楽しい楽しいいのありらじらーの時間だったにも関わらず、
一気にファンを不安の底に落とし込んだ事務所は、今でも恨んでます。
もうちょっと空気読めよと。
そして、いのありのお二人には何か二人が楽しそうだったなぁ~という印象しかなく、
全くらじらーの記憶が残っておらずにゴメンなさい。落ち着いたら聞き返します)))

前回書きましたが、文春の脱退報道、そしてすばる君と同じようなメールの動きに、
どうしても最悪な事態を想定してしまい、2時間の間、私は不安で息が苦しくて、泣きたい思いでいっぱいでした。
これだけ精神的に苦痛だった2時間を、この先も一生忘れられないと思います。

 

そして、運命の22時。*1

圭人君が留学に行くことが発表されました。
あくまでも脱退ではなく、必ず帰国後はグループに戻ってくるという約束をした上での留学だと。

 

最初に第一報を聞いた時、私は「よ、良かったぁ~!!!」と思わず崩れ落ちました。
だって、圭人君がいない9人のJUMPなんてJUMPじゃないと思っていましたから。
一時的に活動休止の形をとるにせよ、9人のJUMPとしての歴史が続いていくこと、また9人揃った笑顔が見られることに、安堵したのです。

 

もちろん留学については賛否両論あると思います。
留学に行くことによって、本人にとってプラスになることもあれば、
グループにとってマイナスになることも出てくるでしょう。
だから、本人を応援したいファンの気持ち、本人を否定してしまうファンの気持ち、
どちらの気持ちもよくわかります。
その上で、私個人の意見としては、優しい彼が一生懸命考えて出した結論を精一杯応援したいと思っています。
(もちろん圭人君の姿がしばらく見れなくなるのは非常に寂しいですが……)

 

というのも、今までのことを振り返って、今回留学という選択肢を選んだ圭人君の気持ちが、私はすごくわかるんですよ。
例えば圭人君って、事あるごとに
「まずはソロ仕事を充実させたい。そして、ソロ活動をグループに還元させたい」と言っていました。
ですが、彼の発言に対して、現実はどうだったでしょうか?

 

私圭人君のことも大好きなので、あまりこういう事を言いたくはないのですが、
圭人君のソロでの仕事量はグループでも最底辺で、
よくいたジャンでも「○○日間仕事がなかった」と自虐的なコメントも飛び出していました。
そして、仕事が少ないにも関わらず、結果的に大学を中退したり、遊んでいる情報が報道されたりして、多くの批判的なコメントも寄せられることもありました。
きっと一生懸命な圭人君が、このようなふがいない自分の状況を良しとは認められなかったんでしょう。
だから、本人のコメントでもあったように、自分を変えたかったんだろうなと思う訳です。
「グループに貢献したい⇒でも、今の自分の実力では力不足⇒だから、自分を成長させたい」
つまりは、グループへの愛情が深い圭人君だからこその結論だったと思う訳です。

 

これは私事の話になりますが、実は私、某専門学校で入試担当の仕事をしておりまして。
そこで、20代の再進学希望者の入試相談に乗ることが多いんですが、皆それぞれ違う不安を抱えています。
社会人になって、ある程度地位が確立された状態で、それでも「学校に行く」という選択肢を選ぶことは、
これまで築き上げてきたものを、一旦全て捨てる覚悟がいる訳です。
人によって事情は様々ですが、誰しもが未来への不安を抱えていて、真剣に悩みます。
でも皆最後には口を揃えて言うんですよね。
「夢を諦めたくない」と。
で、実際に学校に入って学び直して、やりたかった事を実現できている人もたくさん見てきました。
学校に行くことって働いている身からすると簡単なことではないけれど、
その分得られる対価は必ずこの先の人生で有意義なものになるはずです。

 

恐らく圭人君は、私たちファンが思っているよりも、ずっと一人で大きな不安を抱えているし、想定していると思います。
例えば、本来味方であるはずのファンからも、
・彼が戻る場所はあるのか?本当に帰ってくるのか?
・大学を辞めた人間が、次こそ本当に卒業できるのか?
・留学は言い訳で、ただ逃げているだけじゃないか?
など、厳しい声がたくさん出ています。
もちろん彼自身も、そういった可能性は全て考えているように思う。
彼は十分悩んで苦しんでもがいて、それでも留学という道を選んだ。
自分自身の成長のために、そして愛するJUMPのさらなる飛躍のために。
そんな純粋な彼を、誰が止められるでしょうか。
だからこそ、他のメンバー達も彼を見送ることを決めたんだと思います。

 

もちろんメンバーもメンバーで悩んだことと思います。
今回の件について書かれたやまぺ・ちねぺも読みました。
そこで、「納得できない事もたくさんありました」と複雑な心情を正直に吐露しながらも、
最終的には圭人君の背中を押すことを決めた山田君。
山田君とは反対に、「海外で新しいことに触れて成長しよう!」と励ましの声をくれた知念君。
どちらの言葉も圭人君への深い愛情の表れで、他メンバーも(まだ言葉にはしていませんが)各々違う感情を抱いていることでしょう。
でも、これまで家族のような強い絆で結ばれた9人が、恐らく何時間も真剣に話し合った結果、
グループの明るい未来のためにと選んだそれぞれの空を、私は応援したいと思います。

 

と、ここまで前向きな話をしてきましたが……
とはいえ正直なところ、2年後の未来のことなんて誰にもわかりませんので、少々不安な気持ちも勿論あります。
私もJUMPファンを降りているかもしれないし、
圭人君がそのまま戻ってこないかもしれないし、
そもそもグループ自体がなくなっているかもしれませんし、
極端な話ですが、ジャニーズ事務所が消えている可能性だってある。
「もし~」の話をし始めると、キリがないぐらい。
でも私は、彼らが交わした、再び9人で活動するという「約束」を信じたい。
そして、2年後にその「約束」に立ち会える瞬間を心から待ち望んでいます!


がんばれ、けいと!がんばれ、JUMP!

 


さーて、いよいよ本日はライブDVDのフラゲ日ですね!楽しみー!!
本日はDVD休暇取りましたので(笑)、届いたら早速見たいと思います。

もちろん本編もですが、オフショットも入っているという豪華メイキングに、非常にワクワクしています!!
また追々感想も書いていきますね♪

*1:※これも事務所についての苦言ですが、何度アクセスしても全くネットに繋がらなかったので、金持ってるならサーバーの強化ぐらいとっととやっとけよと思います。
いつまで経ってもゆとりな事務所だなオイ