それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

Hey! Say! JUMP I/O DVD感想① (本編Disc1編)

ようやく待ちに待ったJUMPライブDVDが発売されましたね!
と、同時にアルバムやツアー発表など、立て続けに嬉しいニュースが続いて、
ずーっと長い冬だったにも関わらず、唐突にJUMP国へ春がやってきた気分です。
(まぁ今回体育館ツアーなので、当落が非常に怖いんですが……)

 

で、今回のDVDですよ。
3形態そろえると、何と総8時間30分の映像があります!
社会人にとっては嬉しい悲鳴ですね。
私も帰宅後ちょっとずつ見ていって、ようやく一周できましたので(ここまで長かった……)、少しずつ感想をアップしていきたいと思います。
(※個人的な備忘録の役割もあります。何せ8時間30分あるので、いつでも見たいシーンをすぐ再生できるように……と)

とはいえ、今感想のメモを見ていますが、何せとにかく量が多いので、
ディスク毎に分けて書いていこうと思います。
目標はエイリアン初回までに全部アップしたい!(大分厳しいけど、頑張りまーす!!)

 

ではでは、今日は本編Disc1(I/O Anniversary Tour)の感想を書いていきますね!
良かったら、DVD再生しながらぼんやり読み流してもらえると嬉しいです!

f:id:kinatsu_aomori:20180708030423p:plain

■Overture
ライブに行った時も思ったんですが、
砂時計を引っくり返して始まる演出ってじんと込み上げるものがありますよね。
あとメンバー毎に、10年間の映像が流れるのもエモい!
これまでメンバーが歩んできた10年という歴史の深みを感じさせてくれます。
もちろん楽しかったことも辛かったこともあったでしょうが、
こうやって振り返って見ると、JUMPは随分大きいグループへ成長したなーとしみじみ感じます。

 

あと、全員とにかく現在のビジュアルが良すぎる!!!
小さい頃はぷにぷにしているメンバーもいるのに(←失礼)、
急に美の天使が降臨したのかってぐらい、顔が良すぎてドキドキします。
えぇ、大ちゃん風に言うなら「みんな違ってみんな良い!」ってやつですね(笑)

そんな訳で、UMPの壮大なイントロから早速ライブスタート!

 

■Ultra Music Power
やっぱりデビュー曲はテンション上がりますね!!
慣れ親しんだ振りだから、テレビの前で一人で踊ってキャッキャしています←ただの変人。

 

個人的に好きなのはAメロで2ショットずつ映るところ!
けとちねの花のような愛らしさと、ゆとやまの圧倒的美しさですよ!
7は、けとちね=「可愛い」の代表、ゆとやま=「美しい」の代表だと思っていて、
まさか同時に2つのコンビを楽しめるとは、目が幸せすぎますね♪
そして、その後に来る絶対的やぶひかコンビ!
特にやぶひかが額を近づけながら歌うところは、二人の仲良しっぷりが感じられて、
最初からやぶひか飛ばしてるなーと思います。
(※もちろん、この後も怒涛のようにやぶひかがやってきます)

 

それから知念担としては、間奏でくるくる回る知念君は欠かせませんね!
相変わらず身のこなしが軽くて、運動神経の良さを感じさせます。
そんな知念君を見守るメンバーの視線も優しくて、ほっこりしますね。
10年経っても変わらない知念君の愛され力?みたいなものを感じました。

 

Dreams come true
曲のイントロで、知念君が
「2018年もHey! Say! JUMPが幸せにしてやりますよ」とカッコよく決めた後、
直後テレたようにくしゃっと笑った笑顔が好き。
普段こんなキメ台詞を言うような子じゃないから(←どちらかというとやぶひかや山ちゃんの役割だと思っている)
言った後で、恥ずかしかったんでしょうね~。
そう思ったら、知念君への愛しさでたまらなくなります。

 

他にも投げキッスを連発するなど、各々でファンサービスをやっているのですが、
最初からエンジンフルモードで、見ている方の心臓が持ちません。
可愛いなぁ~、JUMPちゃん♪

 

■Endless Dream
こちらもイントロと、山ちゃんの「Endless Dream」というセリフが流れた瞬間に、テンション上がりますよね!!
まさか2018年の今、Endless Dreamが聞けるとは……。
いつもの「可愛い」モード全開JUMPとは違い、大人っぽい色気を感じさせるクールな楽曲だと思っています。
ダンスもシンプルかつ魅せる振りになっていると思います。

 

あと、かつて「ジャニッPON」で青木アナが言っていましたが、
私も山田君の「この身のすべてを~」の、「べ」の力の入れようが好きです!
あそこの歌声、山ちゃんがセクシーでたまらないです。
またアップになった山ちゃんの顔も美しすぎてドキドキしますね~!
なので、このラストのサビだけを何度もリピートして見てしまいます。

 

■Ride With Me
Endless Dreamに続いて、ガッツリ踊る曲をここに持ってきたんだなーという感じ。
お手振り曲で一旦場を盛り上げた後、ダンスでしっかり魅せるとは、
よく考えられている構成だなーと思っています。

 

この曲については、私がシットキングスさんの振りつけがとにかく大好きなので、
じっくり見ちゃいますね。
JUMPの武器であるダンスを存分に生かし、動きもぴたっと揃っていて、
非常にカッコいい楽曲です!!

 

■Viva! 9's SOUL(2017 Ver.)
いきなり結論ですが、終始メンバー全員可愛い!!!

 

まず、絶対知念ちゃん櫻井君のこと意識したよね?てなラップの言い方もツボだし、
「み~んな~だいすき~♪」のところの薮ちゃんとっても美声だし
二人揃ってエアーギターやるところなんて、良きとりんとりんだし、
マイクでモザイクしちゃう雄也も可愛いし、
最初はカッコつけているのに、「OK!バブリー」してはじけちゃういのちゃん可愛いいし、
猫嫌いなくせに、猫のポーズでにゃんにゃんしちゃう光君超絶ラブリーだし、
山田ちゃんは相変わらずイケメンかつ吐息がエロいだし、
いじられ大ちゃんと大ちゃんポーズももちろん可愛い!

 

(ここまでほとんど「可愛い」しか言っていませんが)、
今までJUMPを知らなかったという人でも、
その魅力に簡単に落とされてしまう曲だと思います。
ライブとしては定番になりつつあるビバナイですが、
これからも歌詞を変えながら、末永く続いてほしいですね。

 

■OUR FUTURE
この曲と言えば、いのちゃんのあざと可愛さがフルに発揮されてますよね。
(まぁ、途中で7ちゃんがハケちゃうのもあると思いますが……)

 

まず、「あけましておめでとうございますー!2018年もよろしくね!」の
伊野尾ちゃんのピースですよ。
さすがJUMPのあざと可愛い担当。
ぶりっこって女子がやるとイラっとする事が多いですが、
いのちゃんは、存在すべてが可愛いから許されてしまいます(笑)。

 

それから、間奏の「いーの?」「おっけー!」のやり取りですよ!
ここでもいのちゃん「おけまる~」って言った後に、
指で丸を作ってほっぺたに当ててますが、このポーズも可愛い。
いのちゃんって、絶対自分が可愛いことを自覚して、色々やってるんだろうなーとわかってはいるんですが、
にも関わらず、毎度いのちゃんの可愛さにコロッと転がされてしまうので、自分でもチョロオタだなーと思います。
この先も、そのあざと可愛いキャラはずっと貫いてほしいですね!

 

■Sweet Liar
来ました、問題作(笑)
可愛い7ちゃんはどこへ行ったのー!?と思うぐらいセクシーすぎる曲ですね。
下手に全身脱ぐより、チラリズムによるエロスの方が効果が大きいことを知りました。
大人の色気ムンムンでドキドキしますし、
足ぐるぐる回すところは思わず踏まれたいと思ってしまいます←変態でごめんなさい。
下手なAVよりよっぽどエロいよ、Sweet Liar……。

 

特に、サビ後のやまちねととりんとりんの絡みヤバくないですか!?
キスしそうな距離まで急接近するやまちねも、
恋人繋ぎをするとりんとりんも、禁断の愛感がたまらない。
何でそんな愛おしそうに見つめるの、やまちねー!!!
何でそんなぎゅっと強く手を繋ぐの、とりんとりんー!!!
すんごいドキドキして興奮が止みません!!

 

Sweet Liar見ていると、テンション上がりっぱなしで、
エンドレスリピートの沼からなかなか抜けられませんね。
誰か助けてー!!!(嬉しい悲鳴)

 

■BESTコーナー(スタートデイズ)
カッコいい7達に対して、意気揚々とコントをするBEST好き。
Sweet Liarのエロから、一旦冷静な頭に戻れる時間をくれて、
本当にBESTちゃんありがとう!!(ここでBESTにも本気を出されてたら、一人のオタクが死んでました…笑)
特にありひかのかけあいが面白い。
光君のポンコツ噛み具合も面白いし、途中大ちゃん笑っちゃってるじゃん。
でも、このグダグダっぷりもBESTらしい良い味が出てるんですよね。

 

そして、小学生スタイルで登場するBESTちゃん。
ここの登場コメント毎回違って面白いですよね。
(私が参加した回は、大体替え歌歌ってたような記憶があります)

 

さて、まずは高木君から。
いきなり投げキッスをやる高木君。
さすがトップバッターとだけあって、カッコいいですね!よっ、イケメン!!
次に二番目に登場して、ネタ切れを起こしていたいのちゃんも、素直に白状するところがいのちゃんらしいなーと思います。
と思ったら、ちゃんと「薮宏太!」でオチつけるところ、面白かったです。
いきなりネタが降って沸いたんでしょうね~。
こういうバラエティに柔軟に対応できる姿を見ると、いのちゃんって賢いなーって思います。
一方で、すっかり動揺して目をぱちぱちしている薮君が可愛い。
そりゃ、前の人がいきなり自分の名前を名乗ったら、フリーズしてしまいますよね。
でも、いのちゃんを否定するのではなく、悪乗りしちゃうところが良い人でした。ありがとう、薮君。
それから、光君のよく訳わからないテンションも面白い。
一人で「爆笑!」やる光君。変な人だけど、一周回って可愛いぞ??(あれれ??)
そして、最後に登場し、モテ王子気取る大ちゃん。
大ちゃんは誰よりも一番コスプレが似合ってて、本当の小学生みたいですね。
さすがヒルナンデス等で「永遠の五歳児」といじられるだけあります(笑)

 

コント部分ももちろんすっごく楽しいんですが(何より本人達が楽しそうで、見ている私も幸せが移ってくる……)、
また曲自体も、振りが可愛いんですよね!
ペアダンスしたり、決めポーズしたり、お尻フリフリしたり、全力で小学生ぽく遊んでいるところがこの人達アラサーなのにたまらんなーと思います。
まさに「可愛い」の宝庫ですね。
あ、ちゃんと大ちゃんも仲間に入れてもらえて良かった、一安心!!

最後に「これがBESTのはじまり~はじまり~♪」ということは、
今年もきっと続くことでしょう。
今後もコントコーナーに期待大!です。

 

■バンドコーナー⇒ありがとう~世界のどこにいても~
BESTコーナーであれだけふざけた後なので、
急にカッコいいドラム裕翔君が来ると、ギャップがスゴイですね。
可愛かったり、セクシーだったり、面白かったり、カッコよかったり、
JUMPが持つ色んな顔にいっつもドキドキさせられます!

 

ちなみに、ドラム裕翔君ですが、
途中で差し込まれる雄也君のボイスもお正月バージョンということで、
「あけおめ」「ことよろ」になっていました。
(クリスマスの時は「メリクリ」とか入っていたような記憶が…)
雄也君の言い方が可愛くて、協力してくれてありがとうという気持ちになります。

 

途中圭人君のギターも入って、
Your Seed、SUPER DELICATE、Fantastic Timeのセッションを披露。
バンドバージョンになった瞬間、恐ろしく曲がカッコよすぎて震えます。

正直なところ、このバンドバージョンで、歌もつけてくれてもよかったんやで??といという思いもありますよね

(ほら、一フレーズだけですが、冒険ライダーは歌ってくれましたし……)

 

そこに、光君のベースも登場。
さっきまで小学生を演っていた人と同一人物とは到底思えません。
急に「カッコいい」の塊になっててビックリ。
投げキッスもカッコよくて、ぐいぐいイケメンっぷりが増しています。
でもあの人あんなにカッコいいのに、実は九九も出来ないんだぜ……??
(↑光君のギャップにやられ中)

 

そして、JUMPバンドで「ありがとう~世界のどこにいても~」を披露。
この曲こんなにカッコよかったっけ?というロックっぽい出来に仕上がっています。
(※ずっとただのトンチキ曲だと思っていました……だって、シェイシェイとかエキサイティングスパシーバとか言ってるんだもの)
とにかくバンドメンバーによるカッコよさの相乗効果がハンパなさすぎて、
またもやJUMPから目が離せなくなります。要はJUMPバンド大好きー💛

 

もちろんバンド以外のメンバーも好きですよ!
特に、間奏でネクタイを掴み合うありちねの絡みが好きですね。
普段の可愛い二人なら見せない荒々しさが最高に良い!!
その後の「へへっ、We are JUMP」のウィンク山田さんも非常にカッコいい。
ここの山ちゃん美しすぎて、一瞬呼吸が止まるかと思いました……。そのぐらい良かったです。

 

私自身元々バンドテイストの曲が大好きなので、JUMPコールでぶんぶん腕を振り回しているんですが、めっちゃ楽しいですね!
こういうカッコいい曲調のJUMP曲が、もっとシングルで発売されたらいいなーと思っています。
(※もちろん、You家に来ちゃいなよ的な楽曲も、前を向きまくる楽曲も好きなんですが…たまには男前JUMPも堪能したい!世に広まってほしい!!という密やかな願望です)

 

■TO THE TOP
引き続きJUMPバンド曲。
JUMPバンド達が中央に集まってセッションしたり、
歌担当のメンバーがバンドメンバーに絡みに行ったりと、
あらゆるところでJUMPのわちゃわちゃが楽しめます。
ずっとJUMPが楽しそうでほっこりしますね~。

 

■Dash!!
JUMPバンド曲ラスト。
TO THE TOPに続いて、テンポが速い曲なので、ハイテンションな気分になりますね。

 

また、途中で挟まれるバンドメンバー紹介が可愛いことといったら!
ゆーてぃーを指さす大ちゃんも
光君のマネをする雄也君も、
圭人の傍でかがむ山ちゃんも
向かい合って笑い合ういのちねも、みんな可愛くて、
JUMPって仲良いなーと微笑ましい気持ちになりました。

じゃれてるJUMPちゃんを見ていると、まさに天使の楽園を見ているような温かい気持ちになりますよね(←恋は盲目なんです)

 

■ignition
ここで今回のライブで初めて王道バラードが披露されますが、
JUMPって音外さないし、皆上手ですよね。
元々からキレイな曲なので、しんみり聞き入ってしまいます。
また、先ほどまでの上がりっぱなしだったテンションを落ち着ける意味で、
良い癒しの時間になっているなーと思います。

 

そして、この曲の見どころといえば、山ちゃんのサックスと、
そこに被せられる薮君のビブラート。
静かな空間の中に二人の音色が響き渡り、
幻想的な曲の雰囲気をさらに盛り立ててくれます。
スクリーンの演出も曲と非常に合っていて、しみじみ名曲だなーと感じられました。

 

■From.
しっとりしたignitionの後には、爽やかなFrom.へ。
「イエーイ!From.大好きー!皆も一緒に歌おうよー!」と
言う光君の口調が何だか幼女みがあって、可愛いですね。
光君って、本当にギャップが激しい……!!

 

また、From.のサビ前のありちねのじゃれ合いが好きなんですよね。
二人だけで特別な空間入っちゃって、可愛さが止まらないです!!

 

そして、大サビの山ちゃんをヨイショする動きが可愛い。
これだけ周りがふざけてて、よく山ちゃんしっかり歌えるなーと
違う意味で感心(笑)。
ただ、このわちゃわちゃ感がJUMPの魅力でもあるなーと思います。

 

■切なさ、ひきかえに
これ、当時ライブ行った時に振り付け好きだなーと思ってましたら、
実はシットキングスさんの振り付けだったんですね!
(↑自分の好みがわかりやすすぎて笑います。ぶいオタ時代から、シットキングスさんの振りつけ大好きでした!!)
Ride With Meもそうですが、シットキングスさんの振り付けは
フォーメーションや形がキレイで、上手くバランスが取れているですよね。
今回も特別難しい振りつけという訳ではないですが、
タイミング毎のフォーメーションをどう魅せるかというところがよく練られていて、
最終的に非常に美しい動きになっています。

ぜひこの先もまたシットキングスさんに、曲を担当してもらいたいですね。

 

■JUMPing CAR
さて、ここからはお手振り曲が続きますが、わちゃわちゃJUMP好きー。
にゃんこスターな上手側も、距離感近すぎな下手側も、ふざけすぎてて可愛い。
それから、途中のJUMPコール後の「君に~」のところで、いのありが頭こつんとするのも可愛い。
色んなところでJUMPがじゃれ合ってて、オタクは今日も幸せです(今更)。

 

■真剣SUNSHINE
前曲に続いて、いのありが可愛い。
「ゆいいつむに~」でピースするいのありが平和すぎます。

 

そして、やはり何といっても山田様ですよ!
「バカみたいに好きだ~」からの目を瞑っての投げキッス、
オタク全員殺すほどのとんでもない威力がありましたね。
さすが絶対エース様💛カッコいい~!
それを真似たいのちゃんが投げキッスするのも可愛い。
そして、知念君の唇を借りて、大ちゃんが投げキッスするのも可愛い!
(一瞬知念君が拒絶してましたが、それも含めて可愛い)
総じて、この曲でオタクのハートは、相当な萌えによって撃ち殺されますよね。

 

■キミアトラクション
この曲といえば、あざと可愛いいのちね先生の出番ですね!
見せコドポーズするいのちねー。ハートを作るいのちねー。
キミたち本当に可愛い!可愛いよー!!(←床にローリング中)

 

間奏の「キミがNo.1」は「お前が一番だー!」に変更。
「皆違って皆いい!」という大ちゃんの台詞が、全てのオタクの心を代弁してくれます。
それをさらっとかっさらっていく、エース涼介の「お前が一番だ」ですよ。
さすがカッコいい!

 

あと最後の「今年もよろしくお願いします」の知念君ですね、こちらもやっぱり可愛い!
この時の知念ちゃんを見守る山ちゃんの目が優しくて、
相変わらず山田君→知念君への愛情の重さが感じられました。
やっぱりやまちねはいいですね!最高!(興奮)

 

■愛ing
引き続きお手振り曲。
投げキッスしたり、釣ったり、色々とファンサービスが豊富すぎて、
みんなアイドルの鏡だなーと思いながら見ていました。
最後にメンバー全員揃って横揺れするところも可愛い。
いのありだけやたら距離感が近いのも平常運転で、いのあり可愛いなーとほっこりしました。

 

White Love
改めて見ると、この曲って可愛い曲調なのに、ガッツリ踊っていますね。さすがJUMP!
私的には全員でハートを作るところが特に好きです。

 

それから、最後やまちねで背比べっこしてるの可愛くないですか??
知念ちゃん、君はそんなに頑張らなくていいよ!小さいのも知念君の魅力の一つなんだよ!!とツッコミしたくてたまりません。
大っきくなりたい知念ちゃんの願望が垣間見えて、何だかぎゅーっと抱きしめてあげたくなる可愛さがありました♪
そんなこんなで、私は今日も変わらず、JUMPの姫にすっかり夢中です!!!


という訳で、Disc1の感想でした~。
自分で書いておきながら、な、長かった……

(ちなみに、ここまで約8000字。しかも8割可愛い~好き~しか叫んでいないアホ丸出しの記事でごめんなさい汗)
次回、後半戦(Disc2)へ続く!

 

 

(※余談ですが、つくづくいのあり劇場のMCが全カットされているのが悲しい)
(↑なので、ブログから当日のMCレポを引っ張り出してきました。よろしければどうぞ雰囲気だけでも感じてくださいね)

kinatsu-aomori.hatenablog.com