それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

Hey! Say! JUMP I/O DVD感想③ (15~16' JUMPing CARnivalカウコン前編)

さてさて、本編の感想は前回までで終わりましたが、今回のツアーDVDは全部で8時間半と超豪華!
まだ、15~16'カウコンと、16~17'年末Dearコンと、メイキングの感想が残っとります。
(量が多くて、何度もお気に入りシーンをリピートばかりしているので、なかなか書き終わりませんなぁ~←遠い目)

 

ちなみに、前々回・前回の記事はこちら。

Hey! Say! JUMP I/O DVD感想① (本編Disc1編) - それぞれの空

Hey! Say! JUMP I/O DVD感想② (本編Disc2編) - それぞれの空

 

なので、今回は15~16'カウコンの感想を書いていきたいと思います!
いつもの如く、JUMP可愛い~~♪が8割を占める感想ですが、
よろしければお付き合いください!

f:id:kinatsu_aomori:20180717030700p:plain

■Overture
↑上のスクショにも載せましたが、ハリポタちっくな世界観のオープニングですね。
何故JUMPing CARのポップで可愛いイメージから、こういうオープニングにしようと思ったのかはわかりませんが、
(↑JUMPはよくこういう世界観にマッチしないトンチキ演出があり、それも醍醐味だと思っている)
でも、魔法をかけるJUMPがよく似合っていて、あざと可愛い♪

メンバーが魔法をかけると、ライトが光ったり、煙が出てきたりと、
ちゃんとステージの演出と連動しているところも、よく考えられています。

個人的には一番好きなOvertureの映像ですね!

 

ウィークエンダー
やっぱり定番曲なので一曲目にくると気持ちがウキウキしますね。
サビで一緒に踊るところも楽しくて、ついついDVD見ながら手を動かしてしまいますね。
また、知念ちゃんが一人サビで大きくジャンプしてて、可愛いなぁ~と微笑ましくなりました。

最初歌番組で披露した時は普通のジャンプだったのに、いつからあんなに元気よくジャンプするようになったんでしょうか??

もちろんそのジャンプも知念様の愛らしさを増強しててステキですが。

 

そして、前回のJUMPing CARnival DVDと比較して、なんか衣装バージョンアップしてませんか??
腰布みたいなのついてる。おしゃれ~!
踊る側としては重たそうですが、個人的にはお気に入りの衣装です。

ひらひらしている衣装好きなんです~。

 

あと、相変わらず山ちゃんの「アンサー」はセクシーボイスですね。
ちゃんと目を瞑って、囁く口調で呟く辺りが、オタクの心情をよく理解しています。

ここでファンが盛り上がるのは鉄板の流れですね!

 

■Come on a my house
そして、早速コンビ厨にはたまらない絡みが続きます♪
肩組んでカメラ目線なやまちねー!!!
仲良しそうに見つめ合うとりんとりんー!!!
不思議な動きのずっこけー!!!
ちゅーしそうなやぶたかー!!!
こんなんコンビ厨にはたまらんシーンばかりですよ。
当然何度もこのシーンばかりリピートしてしまいます←だから、感想がなかなか進まない……。
わずか2曲目にして、私の心はガッツリ彼らに持っていかれました。
やっぱりわちゃわちゃしているJUMPが一番好き♪

 

あと間奏中の有岡君の
「よってらっしゃい!みてらっしゃい!」もいいですね!
元気っ子有岡大貴感があって、オタク側にも不思議と気合いが入ります。
その後を知念君が続けて盛り上げてくれるんですが、
指を額に当てての「最後までよろしく頼むぜ~」の瞬間の顔、可愛すぎませんか??
最後も知念君がセンターで〆るので、やっぱりこの曲は知念君主役という感じがしますね。
可愛い曲の雰囲気と知念君が持つ愛らしさがピッタリ一致して、JUMPらしい曲だと感じます。

 

■JUMPing CAR
そして、ここでせっかくの腰布とさようなら……(悲)。
途中から車をモチーフとしたフロートに乗って移動するのですが、
これは正直なところ、アリーナツアーの時のJUMP皆で車作る演出が好きだったので、
ちょっと物足りなさを感じられます。

 

ただ、相変わらずメンバー同士でわちゃわちゃしているJUMPは可愛い!
特に、「今キミに」のところに注目ですよ!
山田さんが有岡さんの鼻こつんとして、有岡さんといのちゃんが互いに見つめ合って、
その後3人でジャンプ!
他のメンバーはちゃんと客席に向かってファンサしているのに、
ここだけ3人の特別な空気感があってたまりませんね!!(←いいぞ、もっとやれの意味)
また、やまいのありってなかなか見られない組み合わせなだけに、
マスコットみたいでとにかく可愛かったです。

 

■Viva! 9's SOUL
まさかのフロートの上でビバナイやるんですね……。
ビバナイといえば、メンバー同士の絡みがメイン!
ただフロートの上だと、ちょっとメンバー間で距離があるのが惜しいです……。

 

そんな残念ポイントもありましたが、
でもメンバー間の紹介は皆ちゃんと個性が出てて面白いですね!


知念君は途中でくるりんぱしてて可愛いし、
薮君は高音まで出せる歌声がキレイ!ウィンクも可愛い♪

 

裕翔君はちょっと物憂げな様子で髪かき上げて、正統派イケメンすぎます。さすがファッションモデル!
でも、カッコよくキメた後にくしゃっと笑うところが、ギャップがあって良いですね~。

 

圭人君は、お辞儀やファンに向かって耳傾けたりと、仕草が全部ジェントルマンでステキです。

 

にっこにこな雄也君も可愛いですね。投げキッスもしてます。

普段ワイルドキャラなので、ギャップがデカすぎてビックリしました。

 

そして、何故か変にインテリぶる伊野尾さんどうしたん??
でも、すぐにくしゃって笑うのが可愛いですね。
多分自分の悪ふざけポーズにツボったんだろうなーと思うと、急に伊野尾さんが愛おしくてたまらなくなります。

 

後、唇尖らせてほっぺた膨らませたり、ピースしたりする光君も可愛い。

光君って普段カッコいいのに、こういうお茶目なポーズが出来るところも魅力ですよね。

 

そして、光君の紹介を受けながら、カッコよくキメるエース様は、さすがエース様で。
今までの個性豊かな雰囲気を全部かっ飛ばして、独自のセクシーな空気感を作り上げてきます。途中の吐息がエロくてたまりません~!!!

 

最後に、山ちゃんにでこ押される大ちゃん、良きありやまー!!
有岡「ちょっとでも俺のことも紹介してほしい~」
山田「ダメだ~」
↑このやり取り、ありやまっぽくて良いですね。
私の考えるありやまって、悪友感に突き抜けているイメージなんですけど、まさにそんな感じ!
大ちゃんに対してはドSになる山田さんと、振り回されている大ちゃんのコンビが、
良き関係すぎて大好きです!

大ちゃんはこれからもずっといじられキャラでいてほしい~(大ちゃんごめん)

 

■Ready Go
冒頭で上に着ていたジャケットを脱ぎ、そしてフロートを降りた後は、違うジャケットを羽織ります。
衣装チェンジ忙しいですね。
Ready Goはノリノリなテンポ感が良く、好きな楽曲なんですが、
今回は完全に繋ぎの曲になってしまったなぁという印象でした。

 

■Ride With Me
ここまで割と皆で盛り上がろうという曲がメインだったのですが、
ここでガッツリ踊るダンス曲を取り入れて、雰囲気を変えてきましたね。
相変わらず皆の振りがぴったり揃っていてカッコいい。
JUMPらしさを代表する楽曲の一つだと思います。

 

■Puppy boo
この赤いスティックを使ったダンス好きなんですよね。
そもそもダンスが武器のJUMPですが、実は小道具を取り入れた振りつけというのがあまりないので新鮮ですね。
また振りつけも終始オシャレでステキです。
途中からはペトラ組が抜けてしまうので残念ですが、サビでの9人ピッタリ揃ったスティックダンスが魅力的で、目が惹きつけられます。

 

一方、曲の歌詞は甘々な感じで、曲自体は何だか乙女ゲームのキャラソンぽいなーという印象(※元二次元オタクの個人的な見解です)。
特に最後の「Kiss」のところの大ちゃんと山ちゃんの顔が、まさに少女漫画に出てくる王子様みたいですよね。
このイケメン達にそんなキス顔をされたら、完全に心を奪われてしまいますわ。
あぁ~たまらない~(目がはぁと)。

 

いっそこの曲をテーマソングにして、
誰かJUMPメンバーを攻略対象にした恋愛ゲームを出してくれないかしら……と妄想。
(N○WSに恋してみたいな)(←お願いしますG○EEさん!!)

 

■ペットショップラブモーション
出ました、可愛さ1000%なお時間です!!

この曲に関しては、何度もリピートが止まらないですし、本当にもらえるのであれば目が4個欲しいです!

 

何と言っても知念君のねずみは小さくて愛らしいですし、
(↑特に「寂しくさせへん~♪ちゅ~ちゅ~♪」の大阪弁は萌えた!ちねずみ一匹飼いたい!!)
いにゃーけいさんは完全に可愛さ自覚しきった上でのぶりっこ感が出ててたまりませんし、
裕翔うさぎは相変わらず動きが豪快で元気いっぱいだし、
雄也わんこはツンデレ感すごいし。
全員集まると、とにかく可愛くてたまりません。
終始頬が緩みっぱなしになってしまいます。
私の中の母性が爆発しそう。
こんなペットショップあったら、全匹お持ち帰りしますよ!
これを20代の成人男子がやっているのかと思うと、末恐ろしいです。

 

あと最後ちねずみが「そろそろ連れてかれちゃうかも」という展開は、以前のDVDと変わらないのですが、
そこで「伊野尾の脇で温めたマグロをやるよ」と言われた時の、「えー」の知念君、ホント嫌そうで可愛いですね。
そりゃ嫌だよね…とよしよししてあげたくなります。あー守ってあげたい!!(←保護欲爆発中)

 

ちなみにこの曲、最近になって知念さんが
「本当はやりたくなかった。僕の可愛さは出ちゃってるものなので、
自らねずみに当てはめて出しにいくものじゃない」という驚愕発言をしていましたが、
私としてはこんな可愛い曲を提供してくれてありがとう!!という感謝の気持ちでいっぱいです。
こんな可愛い曲をやれるのも若い内ならではの特権なので。

(例えば、もし40~50歳でペトラやってたら、それはそれで可愛いかもしれませんが、色々とアウトな気がします)

そして、一度やるとなったからには、全力で可愛いをばらまいてくれる知念君が大好き!

今年はユニット曲ではなくソロ曲ですが、ライブでは可愛いメンバー達をたくさん見ていきたいものです。

 

■BESTコーナー(忘年会編)
冒頭の映像は、途中までは前回のDVDと同じ。
そして、前回のハイライト(スーツで伊豆の回)が挿入され、BESTで忘年会を開催する流れへ。

この忘年会のカラオケがなかなかにひどいコント(笑)。

 

まず、Scoreの大ちゃんのハモリ、悪ふざけ100%でひどい。
↑大ちゃんの方を見て、きょとんとした顔の光君が可愛かったですが。
ちなみに採点結果は48点……(ま、当然ですよね)
「Scoreのスコアひっく!」ってギャクだし、
呆然と見つめる大ちゃんの顔が面白いですし。

 

続いて、Come on a my houseを入れますが、
この映像でカレーの映像流れるとかいじりすぎでめっちゃ楽しい!
BESTのメンバーもノリノリでおふざけやってる感!
「俺たちカレー!」って何??「今夜はカレー!」って何??(←爆笑中)
誰一人もう歌う気なさすぎて、ずっと笑いっぱなしです。
さすがBEST!(笑)
彼らにかかれば、ただのカラオケも茶番に早変わりします。

 

そして、カモナを止めてからの、
BESTコーナー恒例の「大ちゃんVS光君」の構図が、毎度面白くて好き。
ひっじょーにくだらなさすぎて好き!

「帰ってママのおかかおにぎり食べたい」な雄也君も可愛い。
それから、ところどころ前回のオマージュが入るのも楽しい。(「喧嘩ならお店の外でやってください」とか、「この5人でずっと歌ってたいよ!」とか)

あと、やぶひかのバックハグはたまらないですね~。

「だきしめすぎだよお前!オレのこと大好きなのはわかるけど!」って、薮君も光君も可愛い!やぶひか夫婦が仲良しだと、世界が平和になりますね!!

 

で、コントが続いた後に、まさかのガンバレッツゴー(笑)
人の曲かい!どんだけ7ちゃんが好きなの!
しかも、誰一人真面目に歌おうとしないから、ひ、ひどい(笑)
ま、5人が楽しそうですから、いっか~!!(単純なオタク)
ダンスノリノリなBESTちゃんも、タンバリンな大ちゃんも可愛いですし。皆幸せそうで何より。
今後もこのゆる~いBESTコーナーはずーっと続けてほしいですね。

 

■7コーナー
BESTコーナーと違い、大人な7ちゃん達のコーナー。
(どちらが年上だったっけ?とわからなくなるのは正直仕方ない……

お子ちゃまなBESTと、しっかり者の7という組み合わせだからこそ、

JUMPのバランスが上手く取れていると思うんです)

後ろのスクリーンでは昔の7ちゃんの映像が流れていますが、

昔に比べて、十分成長したなーと感じられますね。

 

まず、山ちゃんのソロはパフューム。
色気がありますね。さすが絶対エース。そして、顔がキレイ。
BESTが繰り広げていた先ほどまでのふざけた雰囲気から、一気に自分の世界観にもっていきます。
ここでしっかりメリハリがついたと思う。

 

裕翔君は麗しのBad Girl。
タップが相変わらずカッコいい。
高身長だからこそタップが似合うんですよね。イケメンすぎる。

 

圭人君はHigher。
東京ドームという大きなステージで、一人ギターを奏でる圭人君がカッコいい。
また歌が上手ですね。圭人君のソロ曲聞きたかった…

 

知念君はおおきくな~れ☆ボク!!
振りつけも可愛いんですが、何よりラストの「来年こそはおっきくなるぞ!」ですよ!!
油断してたらこの一言で胸が撃ち抜かれました。
この台詞だけで、何度リピートしたことか。
可愛い~!知念君可愛すぎる~!
さすが知念様!!JUMPのお姫様!!
ただ今の身長で十分なので、一生小っちゃいままでいてください(笑)

 

■ただ前へ
7ちゃんの曲の中でも、非常に名曲ですよね~。
前向きな気持ちへと背中を押してくれるような歌詞が好きです。

 

特に、途中で
「目の前をふさいでいるのは壁じゃなくて扉なんだ~」という歌詞があるのですが、
ここで、山ちゃんが知念君やゆうてぃーを見ながら、にっこにこで歌うところがいいんですよね。
作った笑顔じゃなくて、心からの自然な笑顔が感じられます。

 

あと、最後の「ただ前へ」のところで、
山ちゃんがゆうてぃーと圭人に急にじゃれつくところも好き。

BESTとはまた違った仲の良さを感じられて、癒されました。

曲が真面目な分、要所要所でわちゃわちゃしているシーンが見られて最高です!

 

■ignition
ここで今までの明るい雰囲気とは変わって、一旦落ち着いた雰囲気に。
私が「ignition」を見たのはI/Oドームコンが初めてでしたので、
サビに手の振りがついていたのは知りませんでした。
手話みたいな振りつけですが、動きが何だか儚く、切ないですね。

曲の世界観と合っていて、美しいです。

 

また、山ちゃんのサックスの音色がキレイ。
この物悲しい曲調により深みを与えてくれるようなメロディです。
何だかしんみり聞き入ってしまいました。

 

■我 I need you
先ほどの静かな曲と違い、久々のアゲソンで、テンションも一気に上がりますね!!
この曲はメンバーと一緒に踊れたり、コール&レスポンスも出来るので、楽しいですよね。
特に
メンバー「その唇奪っちゃっていいですか~?」
ファン「いいですよ~!」
ってところが好き!
ここ台詞を投げかけた後の山ちゃんが、目がなくなるほどにっこにこで、すんごく可愛いです~。必見!

 

■SUPER DELICATE

6曲目Ride With Me以来の久々のシングル曲。
やっぱり定番曲が来ると、何だか安心しますよね。
そして、一糸乱れぬダンスが超カッコいい。個人的には千手観音のところが好きです。

 

それからこの曲の見どころといえば、間奏の2ショットペア!
2人でカッコよく決めるゆとやまも、
ちゅーしそうなゆやけとも、
アイドルスマイル前回なひかちねも、
肩組み合って真面目な顔をしているやぶいのも、
みんな違ってみんな良い!

 

そして、今回の余りは大ちゃん。
「これがお前らのやり方かー!」と叫ぶ大ちゃん、バラエティをよくわかってらっしゃる!(←バラエティではありません)
これでもかと周りがイチャイチャする中で、
「本当は寂しい……」と何度も呟く大ちゃんが可愛いです。
うん、皆で仲良くすればいいと思うよ!

 

■明日へのYELL
JUMP恒例のタオルタイム!
タオルがない場合は拳をガンガン振っても楽しいです!
ただ途中で「タオルを回すぞ~!」とタオル隊長な大ちゃんが叫ぶので、
タオルを持っている方がより盛り上がることができます!
(ちなみに余談ですが、この台詞後のダブルピースの知念ちゃん可愛かったぁ~。

 

途中歌を歌わず、何度も「上の方も見えてっからね!」って言う山ちゃん可愛い。
山ちゃんってたまにテンションおかしくなる瞬間があるのですが、その変な山ちゃんが完全に出てました(笑)
と、そこへ「山ちゃん、もうわかったよ!」とマジレスゆーてぃー。
あぁ~良きゆとやまですね!
暴走しがちな山ちゃんを止める真面目な裕翔君、これもゆとやまならではの関係性だと思います!
コンビ厨にはたまらない光景でした♪

 


という訳で、毎度のことながら「可愛い~」しか言っていないにも関わらず、
またもや感想量が少々長くなってきましたので(今回も7000字ぐらいいってる)、
ちょうどMCが入るこちらのタイミングで、一旦文章区切りますね。

 

後編はまた近いうち(水曜日ぐらい?)にアップできたらな~と思っていますので、
よろしければまたお付き合いください~。