それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

トーキョーエイリアンブラザーズ6話感想

遅くなりましたが、トーキョーエイリアンブラザーズ6話の感想です。
(↑いやもう間もなく7話がオンエアするっていうね……)
いつもながらズボラですみません(平伏)

 

今回のテーマは「LOVE」。
4話から続いていたちーちゃんとのエピソードの完結編です。
「愛ってなんだ?」、ずっと夏太郎君が呟いていた台詞ですが、
果たして二人はその答えにたどり着けたのでしょうか?

 

ではでは、早速いのとつコンビの可愛い画像を見ながら、6話を振り返っていきましょう~!(いつもながら、ネタバレ全開です!)


■動揺する夏太郎君
前回冬之介君から、
「地球移住計画発動のために、仕事と恋人をゲットすることが必要」
という驚異の事実を知らされた夏太郎君。
冒頭から完全に苛立ちを隠し切れず、本部に繋がるモニターをガンガン叩きます。
普段穏やかで、のんびりしたお兄ちゃんがキレる姿は意外でした。
その分、動揺が大きかったんでしょうね。

 

そんな風に兄を追い詰めた当の本人である冬之介君は、
何も気に留めた様子もなく、明るく夏太郎君にカツを入れてきます。
「結構繊細なんだね~、人間みたい!」
にゃははは~と笑う冬之介君の笑顔が可愛いです!

f:id:kinatsu_aomori:20180904004953p:plain
「僕らの星の運命は兄ちゃんの肩にかかってるんだよ!」と叱咤激励する冬之介君。
その目には、5話で見せた闇の影は微塵もありませんでした。
冬之介君の振り幅大きいですね~。
もちろんブラック冬之介君を見るとテンション上がりますが、

明るい冬之介君を見ると、何だかほっとした気分になります。

 

さて、夏太郎君は未だに「好き」という感情が掴めていない様子……。
色んなペットを触りながら感情を確かめていきます。
「好きって何だ?」と疑問を浮かべる兄ちゃんに、「もう兄ちゃんの方が詳しいんじゃない?」と冷たく告げました。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005040p:plain
ここの冬之介君の心境、非常に複雑ですよね~。
いつもドジな兄より優位に立って、引っ張ってきたいたつもりなのに、いつの間にか兄の方が人間のことを理解し始めている状況を直視しないといけない辛さ……。
何だか目が寂しさを語っているように思います。
いのちゃんのこういう繊細な演技が大好きです。

 

そんな冬之介君に向け、「岡部のパンチ痛かった……」とぼやく夏太郎君。
すると、冬之介君は興味津々と言った様子で目を輝かせます。

パンチポーズをする冬之介君が楽しそうで可愛いんですが、
相変わらず冬之介君のスイッチ入るタイミングはよくわかりません。
↑ま、エイリアンですもんね!(笑)

 

■デートの誘いと、記憶を消される岡部君
さて、コンビニで夏太郎君がバイトをしているところへちーちゃんがやってきて、
夏太郎君をデートに誘います。
カッと目を見開くお兄ちゃんが可愛い!
言葉にしなくても、顔が「デートってなんだ?」って言ってるように思いますね。
1話の時に比べて、だんだん夏太郎君の表情が豊かになってきたなーと感じます。

 

同時刻、冬之介君は屋上に岡部君を呼び出して、
「ちーちゃんが岡部のこと好きだっての嘘だよ」といきなり暴露します。
ここのくだり、ブラック冬之介君全開でしたね。
「ちーちゃんが元々大好きだったのは僕なのに、急に兄ちゃんになった。
そんな女のことがどうして好きでいられるの?」って。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005155p:plain
言い方から深い闇を感じさせますよね。容赦ない。
そりゃ、こんな風に笑いながら、そういう冷たい言い方をしたら、優しい岡部君だってキレます。そして、冬之介君の挑発通り、勢いよく冬之介君を殴りつけました。
ただ、殴られた後の冬之介君、何ともなかったようで、きょとんと首をかしげます。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005236p:plain
ここの仕草、すんごく可愛い。小動物みたいな動きですね♪
そして、冬之介君はすぐに立ち去る岡部君を追いかけました。

 

場面変わって、夕暮れの川沿いで岡部君と会う夏太郎君。
「悪かった」と謝る夏太郎君に対して、岡部君は全く心当たりのない様子です。
どうやらあの後、冬之介君は岡部君の記憶を消してしまったようです。

 

動揺した様子の夏太郎君は家に戻り、
「何故記憶を消したのか?」と冬之介君を問い詰めます。
ですが、そんなお兄ちゃんに向かって、
「兄ちゃんが恨まれていたから消してあげたんだよ、任務の為だし!」と一蹴する冬之介君。
何だかんだ納得はできていないんでしょうが、弟に丸め込まれるお兄ちゃんが愛しい。夏太郎君って絶対冬之介君には怒らなくて、優しいお兄ちゃんですよね。


■ちーちゃんとのデート
色々ありましたが、いよいよ無事にちーちゃんと夏太郎君のデートが始まります。
と、ちーちゃんと待ち合わせをしている場所へ、一瞬デカイ猫が映ってビックリしました。
その後、急いで老人に変装する冬之介君。

このシュールな図。くすっと笑ってしまいますね。
どうやら兄のデートが上手くいくか心配な冬之介君は、二人の後を追いかけることにしたようです。

 

さて、二人は早速海にやってきます。
波打ち際で楽しそうにはしゃぐちーちゃんに対し、冷静に海の塩分濃度を測る夏太郎君。
そうですよね、こんな濃度の高い海に入ったら、一瞬で溶けてしまいますよね。
ですが、無邪気に楽しそうに笑うちーちゃんを見て、夏太郎君の顔にも自然と笑顔が浮かびます。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005442p:plain
お兄ちゃんの笑顔、初めて見ましたが、超可愛いですね!!
少しずつ人間の「楽しい」という感情に、感化されているんでしょうね~。

 

一方、そんな楽しそうな二人の写真を撮りながら、複雑そうな表情を浮かべる冬之介君。
二人を置いて、その場を立ち去りました。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005510p:plain
この時の冬之介君が捨てられた子犬みたいに寂しそうで、
見ている側としても非常に切ないです。

 

■「嫉妬」を覚える冬之介君と、順調にデートをする夏太郎君
お兄ちゃんとちーちゃんのデートを見て、すっかり拗ねてしまった冬之介君は、
はるるちゃんのところへ。
バックハグする冬之介君が甘えたモード全開で可愛い。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005641p:plain
はるるちゃん曰く、ずっと自分のことを好きだったちーちゃんが、お兄ちゃんのことを好きになったことについて、嫉妬しているようです。
ですが、ちーちゃんのことを好きだったか質問されて、
「僕は誰も好きにならないし、誰も嫌いにならないもん」
とぼやく冬之介君。さらに拗ねた感じが可愛いですね。
「嫉妬したんだ?」
「それ何?」
「お兄ちゃんに負けて、悔しい~!ってこと!」

f:id:kinatsu_aomori:20180904005619p:plain
はるるちゃんの言う通りなんでしょう~。
多分ちーちゃんが好きという感情じゃなくて、
お兄ちゃんに負けたという気持ちが強いんでしょうね。
一見何でも完璧に振る舞っていても、中身はなかなか大人になれない冬之介君。
やっぱり冬之介君は、弟なんだな~と感じさせられます。

 

で!
大筋とは関係ないですが、パンツ一枚ないのちゃんと、ズボンを履くいのちゃん。
エロくないですか??
私がいのちゃん担なら、これを冷静で見られる自信がありません!!(興奮)
あと、「人間の生殖行為、面倒くさい……」という発言ですよ。
いのちゃんの美しい顔から飛び出す発言がスゴイ!ギャップが大きいです。


その頃、夏太郎君とちーちゃんは、居酒屋で飲んでいました。
ちなみに、お兄ちゃんは塩分しっかり測っていたり、ドリンクを色々混ぜたりと相変わらず奇行が激しい。
シュールなんですけど、ついつい笑ってしまいます。
でも、こんな夏太郎君のことを好きと思えるちーちゃんってすごいですね。
どうやらちーちゃん曰く、
「冬之介君は一見完璧だけど、何か大事なものがぽっかり抜けているというか。
その大事なものを夏太郎さんは持っている気がします」とか。
この台詞、非常にわかる気がします。
兄は不器用だけど、元から持っていた温かい「心」を少しずつ出してきている。
一方で弟は何でもそつなくこなすけど、一番大事な「心」の部分はまだまだ弱いんですよね。
でも、お互いに欠点があるからこそ、その欠点を補い合える兄弟でいてほしいなーと思います。

 

ここで一瞬ビルの屋上から見下ろす冬之介君のショットが映るんですが、
冬之介君の表情が冷たくて、でも何だか寂しそうで……。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005721p:plain
お兄ちゃんを傍に連れてきてあげたい気分にかられます。

 

■そして、ラブホへ
さて、居酒屋を後にした二人はぶらぶらと街を歩く訳ですが、
飲みすぎちゃったというちーちゃんに、夏太郎君は「休憩するか?」と問いかけます。
そう、そこはラブホ前。
そうですよね~、無垢って怖い。

 

で、ラブホに入った瞬間、まさかのちーちゃんに押し倒されるという……。
いやいやいや、急展開すぎません??(動揺中)
てか、ちーちゃんってこんな大胆なキャラだっけ??(混乱中)

視聴者と同様、突然ちーちゃんに押し倒されてキスされた兄ちゃんは、
ビックリしてきょどります。
さすがに何も知らない夏太郎君からすると、怖いでしょうね~。
で、焦って逃げた兄ちゃんは机に頭をぶつけて、顔がびょーんと伸びてしまいました。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005757p:plain
いや、これはホラーだわ……。
しかも、普通に顔を抑えて元に戻すとか、ちーちゃんも怯えてしまいます。
そして、夏太郎君は逃げ惑うちーちゃんを捕まえ、彼女の記憶を消してしまいます。

記憶を消す時に、「化け物~!」とちーちゃんに叫ばれ、辛そうに表情を歪めるんですよね。
もうその瞬間が切ない。お兄ちゃんだって決してこういう結末になるとは思っていなかっただろうに。
そして目覚めた時には、ちーちゃんは夏太郎君の記憶をすべて失ってしまいました。

 

夏太郎君はちーちゃんと別れ、雨が降る中、冬之介君が待つ家へ戻ります。
「冬之介、忘れられるって悲しいな」、
そう呟く夏太郎君は、もうすっかり人間の顔をしていました。
いつもはふざけて茶化す冬之介君も、この時ばかりはそっと黙って兄にお茶を差し出すのでした。

f:id:kinatsu_aomori:20180904005833p:plain
静寂の中雨音だけが響き渡りますが、言葉なしでも静かに痛みを分かち合う感じがしますね。
何だかんだ兄弟の絆が感じられたシーンでした。

 


さて、次回予告。
なんと、エイリアン兄弟が女装します!
女子顔負けの可愛さですね~。あと二人とも足が超キレイ。目を見張ってしまいます。
いやいや、次回が楽しみー!!

 

あと、原作から楽しみにしていた、あの闇落ちのシーンがやってきます。
このシーンをいのちゃんととっつーがどう演じるのか、楽しみですね。
前からいのちゃんが「7話オススメ!」と言っていたので、
今回は早めに見たいなーと思っています!