それぞれの空

Hey!Say!JUMPが好きなオタクが、萌えを語っています

Hey! Say! JUMP「SENSE or LOVE」10/6(土)新潟公演コンサートレポ①

Hey! Say! JUMPライブツアー「SENSE or LOVE」in新潟公演に参加してきました~。
(もちろん私の名義はポンコツなので、今回全落してしまったのですが、
フォロワーさんに参加をお誘い頂きまして……本当に感謝してもしきれないぐらいです)

 

いやー、非常に楽しかった!!
数日経った今でも、未だにライブ中の興奮が冷めません。

 

今回は「ダンス」がテーマということで、
「今までのJUMPコンサートとは全く違う」「11年目の新たな挑戦」など、
気になるワードを各所から聞いていて、楽しみがいっぱいでした。
そして、そんな期待に応えてくれる、素晴らしいコンサートでした!

 

恐らくドームツアーでは構成やセトリ、ステージなどが全く変わると思いますので、
自分の備忘録用に、レポを残しておきたいと思います。
(当日のライブを思い出しつつ、感想をまとめておりますので、
記憶違いなどがありましたら申し訳ありません。
特に、台詞などはニュアンスで受け取ってもらえると幸いです。

また長野公演が残っていますが、ネタバレ全開ですので、参戦予定の方はお気をつけください)

 

●Overture
いつものアルバムではOvertureの曲が入っていますが、今回は何もなかったので、
どういう路線で来るのか気になってたんですよね~。
 
時間になると、まずメインステージに吊られているハートのオブジェ(ツアーロゴのやつ)が、急に心臓の鼓動を打つ音と同時に、赤く光り出します。
で、最初は中央に吊られていたオブジェが天辺まで上がりきった時点で、映像がスタート。

映像は各自がビートを刻む内容で、それぞれ自分の体だったり、スティックだったり、バスケットボールだったり、
色んな道具を使って音を鳴らしており、趣向を凝らしていて面白いなーと思いました。
今までのアイドルらしいキラキラとしたオープニングと違い、スタイリッシュでオシャレな感じに溢れています。
そして、いつも通りメンバー一人一人の紹介が流れた後に、
山田君の「SENSE or LOVE?」のウィスパーボイスで会場が湧きます。
やっぱり締めるところを決めてくるのは絶対的エースですね!


●BANGER NIGHT
いつものライブならメインステージから登場するJUMPですが、
今回はセンターステージからの登場。
徐々にステージが上がって8人が現われるところに、ドキドキしました。

 

そして、フルでBANGER NIGHTを踊ってくれるのですが、
生でこの曲のダンスを見ると、難易度の高い振りや複雑なフォーメーションが伝わってきて、恐ろしくカッコいい。
正直「カッコいい」以外の言葉が思いつかないほど素晴らしすぎて、
未だに頭から離れません。
今までの「可愛い」JUMPからの脱出というか、また一皮向けた感じがして、
JUMPファンを一気に沼へ引きずり込む一曲です。

※しいて一つだけ苦言をするなら、メインステージからの照明の光が目に痛かった……。

 

●Precious Girl
一曲目でカッコよさを存分に見せつけた後、ポップなこの二曲目へ。

去年はアリーナツアーに参戦できず、残念ながら一回も見られなかったので、
一年越しに生で見ることが出来て嬉しかったです。
この曲の途中でメインステージへ移動してました。

 

●OLE!
曲の冒頭で「みんなー、調子はどうだい~?」って知念ちゃんがかけ声してたのが可愛かったです。

 

そして、いのちゃん恒例の「い~の?」「おっけー!」芸はこの曲で披露。
伊野尾「この曲で盛り上がっちゃえば、い~の?」
ファン「おっけー!」
伊野尾「オレ!」
ってやってて楽しかったです。
やっぱりこの芸があると、JUMPコンに来たって感じがしますね~。

 

●Journey
個人的な話ですが、この曲好きなんですよね~。
「Welcome to the world~」の歌い方が非常にカッコいい!!曲の絶妙なアクセントになっています。

 

JUMPが踊っているバックのスクリーンでは、世界各国の映像が次々と流れます。
まるで本当に世界旅行へ出かけているような擬似体験が味わえましたね。

 

そして、最後の「さあ、Ready Go!」という歌パートと、
薮君の「Hey! Say! JUMPライブ「SENSE or LOVE」、最後まで盛り上がっていこうぜ~」という言葉があり、
これからJUMPが本当に楽しい世界に連れてってくれそうな感じがして、とってもワクワクしました!
セトリのこの位置に「Journey」を持ってきたのは大正解だったと思います。

 

●Virtual Butterfly(Hey! Say! 7)
冒頭で、ニューヨークの街を歩く3人の姿が流れるんですが、
この映像も非常にスタイリッシュなんですよね。
さすがSENSE担当の7ちゃん。例年通りカッコよく決めてくれます。

 

そして、ニューヨークで振りつけをしたということもあり、
アメリカン風なダンスながらも、クールで大人っぽく仕上がっていましたね。
凝った演出がない分、ガツガツ踊ってくれており、まさにダンスだけで魅せる一曲でした。

 

●Bubble Gum(有岡ソロ)
私JUMPのオシャレ担当No.1は有岡さんだと思っており、
ソロ曲の中でも一番この曲が好きだったのですが、期待を裏切らない演出でした。

 

冒頭、メインステージに近い花道に、風船ガムをモチーフにしたような丸い布が出てきます。
曲が始まると同時に、この布がはらりと取り除かれて、中から大ちゃんが登場しました。
こういう遊び心が入った演出が上手だなーと思いますね。

 

ダンス自体は大ちゃんが好きそうな軽いステップ系のダンス。
(↑すみません、ダンスの知識がないもので……My girl風のダンスといえばわかりやすいと思います)
間奏は、レーザーを巧妙に使ったダンスで非常にカッコいい。
かと思えば、最後のサビでは、映像でメンバーの顔を使った風船ガムが降ってきたりと、ちょっと笑える様子もあり。
カッコよさと可愛さを前面に押し出した演出で、大ちゃんのことがもっと好きになりました。

 

あ、あと最後に風船ガムを踏んじゃって、「てへっ」と笑って消えるところ、
有岡さんのあざとさが全開でしたね。
やはりJUMPの爆モテ王子は、ソロでも最高でした。

 

●条件反射(伊野尾ソロ)
はい、来ました!問題児!(笑)
ツアー参戦前から「いのたかがヤバい」という話を至るところで聞いていましたが、
実際に目にしたら、想像を超えるヤバさでした。
曲中、何度も「私は何を見せられているんだろう……??」と思ったことか。

 

えー、まず伊野尾さんはスタンドマイクを持って、舞台上で熱唱するのですが、
その伊野尾さんの周りを、胸をはだけさせた雄也君が色気たっぷりに絡む訳ですよ。
妙に艶めかしく体に触れたり、伊野尾さんの腰を掴んで左右に振ったり、鎖で縛ったり……。
まさに美しすぎるエロという感じ。
また、伊野尾さんと雄也君の声がセクシーだからこそ、
歌詞とマッチしてて、余計にエロさを増幅させちゃってるんですよね。
ダンスのパートナーに雄也君を選んだ伊野尾さんは天才だと思います!
(もし他メンバーだったら、ここまでエロくならなかったと思うので……)

 

最後にキス寸前でブラックアウト(←若干BL感がしたのは私だけかしら??)。
終始二人の濃厚な絡みを見せられて、意識がぶっ飛びそうでした。
ソロ曲を美味しく仕上げてくれてありがとう!

 

●スンダDance(Hey! Say! BEST)
そして、BESTコーナーへ(ふり幅がデカい……)。
実は前曲の途中から、後ろの方に、
黒い全身タイツを着て、頭にでっかい赤色のハートの被り物をした
やぶひかありの3人がいたんですね。
んで、いのたかの2人が残りのメンバーの方を振り返ったところから、
いつも通りの壮大なBESTコントが始まります。

 

雄也「おいおい、何やってんだよ?」
有岡「何やってんだよはこっちの台詞だよ!
何だよ、いのちゃんのソロなのに、ちゃっかり高木も歌っちゃってさ。
俺ら3人なんて背景のハートだったよ!なぁ、2人とも歌いたかったよなー」
↑この時の大ちゃんの言い方が、茶番芸感たっぷりで、言い方すごく好きだったんですよね。

「伊野尾のソロ、とってもカッコよかった。それは認める」
「今回のライブはSENSE or LOVE!
7はセンスのあるカッコいいダンスをしたし、BESTはLOVE担当だろ」
有岡「という訳でだ、二人ともLOVE担当になりたければ、こいつに着替えるんだな!」

 

という前振りがあった後、ありやぶが持つ布の中で、いのたかのお着替えタイムスタート!
大体1分ぐらいでしたかね?
お着替え中に、ありやぶが突然布を下げてくるので、いのたかの綺麗な背中の裸が見られます。
あぁ、良い筋肉でした(至福)
また、途中から布の中からふんどしが投げられて「何?ふんどし?」みたいな茶番もやってました。
このくだらなさ感がBESTコーナーらしいですね。
そして、布が下ろされると、3人と同じくハートの被り物を被ったいのたかが登場。

 

「なんだ、出来てんじゃん」
「なんだかんだ言いながら、二人ともお似合いじゃないか。なー二人とも」
二人「「んだー!」」
有岡「会場の皆に聞いても、皆「んだー」って答えてくれるよな~。なー皆!」
ファン「「「んだー!」」」

↑この時は私すっかり曲名忘れてたので、何で「んだー?」と思ってましたが……
そういえば、BESTの曲は「スンダDance」でした(改めて見ても、タイトルが昭和……)。
なので、BEST達はいつもながら強引に曲の振りへ持っていきます。

 

伊野尾「おーい!着替えたけど、どうする?」
「どうするんだ?ダンスすんだよ!」
「スンダ?ルンバ?OVER?」←受話器を持ったフリして、「OVER?」と囁く光君が可愛かったです。
雄也「スンダよ、ダンスを!」
「スンダ?ダンス?」
5人「「「「「あー、スンダDance!」」」」」

 

とまぁ、「スーツで伊豆?……あー、スーツデイズ!」並みの無理やりなやり取りをした後、曲がスタートします。
曲調がユーロビートということもあり、振りつけはパラパラでした。
真面目な顔で、ヘンテコな衣装で、パラパラを踊る5人の姿がとってもシュールでしたね。

 

あと覚えているのが、曲の途中、5人でおうぎ形を作り、
有岡「扇子 or LOVE!」
4人ぷっちょへんざーっぷ!」
とダジャレをやったこと。
思わず「しょーもなっ」と心の声が漏れたのはここだけのお話です(笑)
終始このゆる~い感じがBESTっぽくて好きでした~。


●159(知念ソロ)
冒頭で、色んな建物や動物の身長を比較した可愛いイラストの動画が流れます。
(富士山やスカイツリー、象など、大きいものから小さいものへとどんどん移り変わっていくイラストです)
んで、最後に、薮宏太178cm、八乙女光173cmからの知念侑李159cmですよ!
もうこの発想が天才的。常人には思いつかない面白いアイディアです。

 

そして159ですが、ふざけた歌詞にも関わらず、結構ガッツリダンスをしていて、
やはり知念君ってダンス上手いな~と思いました。
色んな意味で、知念君の個性が爆発しているといいますか、
知念君の、知念君による、知念君のための曲でしたね。
会場全体から「可愛い」という言葉が飛び交ってました。

 

で、この曲はやぶひかをバックダンサーに従えて踊るんですが、また3人の呼吸がピッタリ合ってるんですよね。
特に途中でやぶひかの膝に腰掛けるその姿、まさにブルゾンちねん with やぶひか!(笑)
なんて贅沢なバックダンサーの使い方なんでしょう~と思いました!
さすが知念様ですね!!!

 

●Jealous guy
前曲までのコメディ路線と打って変わって、急に大人っぽいこの曲へ。
光る柵を使って、1人1台ずつ柵を触ったりすり抜けたり等、様々なダンスを披露します。
振り自体は激しくないのですが、道具を使うことでオシャレ感が際立った印象でした。
こういう大人っぽい曲もしっかり歌いこなせるようになった辺り、JUMPの成長が感じられました。

 

●One & One Makes Two
Aメロ・Bメロではペアになって踊るのですが、特にいのちねペアが可愛かった!
二人で顔を見合わせてにこにこしちゃって、そこだけまるで天使がいるようでした。
特に、「One & One Makes Two」の指の振りを二人でやってるところが可愛かったなぁ~と。
もちろん他のペアもわちゃわちゃしてて、あー、JUMPって平和だなーと癒されました。

 

そして、この曲は中盤で全員がペンライトを使った演出に参加します。
まずメンバーの呼びかけで、全員がペンライトの光を消し、
前の方から後ろの方へ、順番にペンライトをつけ始めます(ペンライトでウェーブする感じ)
この時、雄也君が言った「このライブが忘れられないライブになりますように」という一言がステキすぎて、
惚れそうでした。言葉のチョイスが本当にお上手!
ペンライトが後ろの方まで点灯終わったら、次の曲へ。

 

●Swinging days
どうも私、この曲と「Puppy Boo」が混合しがちです(汗)
絶対似てると思うんですよね~。

 

余談はさておき、この曲では「Hey! Say! JUMP」というでっかいオブジェが出てきて、
メンバーそれぞれオブジェによりかかったり腰掛けたりと、自由に動いていました。
Dearコンの時の「Hey! Say! JUMP」衣装といい、相変わらずグループ名主張するの好きね~と
微笑ましく見守っていましたよ。

 

●キミアトラクション
今回アルバム曲中心のセットリストなので、定番シングル曲が来ると、少しホッとする瞬間でしたね。
ですが、今回はネタが尽きたのか、間奏のキメ台詞は通常の「キミがNo.1!」バージョンでした。
どうもおふざけ系に慣れているせいか、逆に通常版に違和感ある体になってしまいました(笑)
いのちねの絡みも二人で肩を寄せ合うぐらいで、いつもより大人しかった印象でした。

 

●マエヲムケ
どうも衣装のヒラヒラが長いな~と思ってましたら、この曲でジャケットプレイをする為だったんですね!
カッチリしたジャケットと違い、ヒラヒラでジャケットプレイをやると、
PVや歌番組とは違った優雅な印象がして、面白かったです。

で、 マエヲムケが終わった後はそのままMCタイムへ。

 

という訳で、ちょっと感想が長くなってきたので(ここまでで約6000字弱になりました)、次回に続きます。
なるべく近日中にアップしますので、少々お待ちください~。